• 西日本工業大学 学生フォーミュラ出陣!!

    FOREST@RACING監督代表が兼任で総監督を委嘱されている西日本工業大学 学生フォーミュラ サークル!!

    いよいよ全日本学生フォーミュラ大会へ向けて静岡県小笠山総合運動公園へ出発しました。

    その出発式には、夏休みにもかかわらず、西日本工業大学 西尾学長をはじめ、多くの先生方も見送りに来て頂きました。

    その模様を読売新聞記者の方や苅田町役場の広報部さんに取材に来て頂き、北部九州自動車産業の地、苅田町にある西日本工業大学への期待をされていました。

    初出場の福岡県京都郡苅田町にある西日本工業大学です。

    高校生の皆さん!来年は、一緒にものつくりしませんか!!

    女子マネージャー大募集♬

  • 元嶋成弥 4輪デビュー戦でクラス優勝!!

    一瞬GTドライバーの元嶋選手かと思うような姿!

    そりゃそうだ!ヘルメットからレーシングスーツまで兄貴のおさがりのレーシングコンペティションを身にまとい4輪デビューレースで見事!1位を果たしたのでした。

    FOREST@RACINGドライバーリーダーは、石川選手・・・がしかし

    助手席サイドミラーの無い車両に接触され順位を落としてclass2位でゴールでした。

    免許取ってこれまで、FF車(フロントエンジン、フロント駆動)に全てを捧げてきた境選手が40歳を過ぎて新たなチャレンジ!奥さんの86で参戦~おっかなびっくりレースを楽しみながらclass3位をゲットしました。

    レースは、class1class2の混走。

    FOREST@RACINGチーム員も忙しい中、応援とお手伝いに来てくれました。

    珍しく縦一列のスターティンググリッドでスタートでした。

    白熱したレースで見ている方もドキドキハラハラでした。

    イケメン元嶋選手の勝利者インタビュー!!もっと喋りの勉強ですね♬(笑)

    AP86/BRZレースを終えて・・・色々大変な事も、もちろん有りますが、それはどのスポーツでも同じだと思います。カーレースもれっきとした、モータースポーツ!汗だくになって、ゴールした瞬間の安堵感とみんなから拍手で称賛されピットへ帰る爽快感が病みつきになります。

    いかがですか?何か楽しいことないかなぁ~とか、つまらないことだらけとか、思いながら生活している方!!

    少し自分を磨いてみませんか?自分がどれだけ輝くか楽しみではないですか??

     

  • オートポリスサーキットAP86/BRZレースに石川選手と出場しました。

    遅くなりましたが!今月の15日にオートポリスでスーパー耐久レースの併催レースでAP86/BRZレースが行われました。

    このAP86/BRZ Raceの魅力は、誰でもレーサーになれる!!もちろん、JAFロードサービス会員に入会し、国内Aライセンスを取得する条件ですけど!(笑)

    その条件さえ整えば、JAF公式戦ならではのグリットスタートも味わえ・・・

    プロのカメラマンさんからカッコいい写真も激写して頂け・・・

    こんな目線の写真もバッチリ!!

    ベストタイムもチューニングカーに比べオートポリス2分17秒台で、腕に自信のある人だと簡単に出せるタイム!!

    レース終了後は、まるでスーパーGT並に、上位3台並べ

    立派な表彰式も行われました。

    FOREST@RACING石川選手も5年前FOREST RACINGスポーツ走行練習会から始り、各サーキット走行会、Bライセンス競技サーキットトライアル参加経験を活かし

    今では、TOYOTA GAZOO RACING 86/BRZ Race・オートポリス ゴールドカップ耐久レース・AP86/BRZ レース・岡山国際サーキットチャレンジカップレースへ参戦し楽しんでいます。

    AP86/BRZレースに興味のある方は、是非当店へお越し下さい。<(_ _)>

     

  • TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race Rd.4 岡山国際サーキット フォトギャラリー

    #131号車 FOREST@RACING石川選手!GAZOO RACING HP 👈👈ココをクリック!             フォトギャラリーに沢山載せて頂きました。

    有り難う御座いました。<(_ _)>

    苅田町 周防灘臨海工業地帯 北部九州自動車製造輸出拠点の地 初号機

    Bレース ポールポジションからのスタート!!

  • TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race Rd.4 岡山国際サーキット参戦!BレースFORC石川選手 祝優勝♬

    先に3日間の臨時休業して、お客様には大変ご迷惑お掛け致しました。<(_ _)>

    FOREST@RACING石川選手が見事、決勝Bレース優勝しました。

    1番グリッド・・・ポールポジションをゲット!!

    岡山国際サーキット!!嬉しいサプライズ盛り沢山で有難う御座います。遠くてもまた行こうと思いますね♬

    スポーツマンらしくレース終了後は、お互いの健闘を称え合う!これがスポーツマンシップ!!

    『決勝Bレースは、ポールポジションスタートとなった♯131石川裕剛選手が、ライバル勢を寄せ付けずに12周の周回を走り切りポールトゥウィンを達成した。』←※TOYOTA GAZOO Racing HPより

    優勝商品に、なんと!!美作市長賞とダンロップタイヤ1セットに優勝トロフィを頂きました。

    石川選手、お疲れ様でした。7月15日オートポリス戦も頑張って下さい。

  • 早いもの勝ち!86/BRZ用 18インチタイヤ&ホイル激安セール!!

    新品のタイヤ&ホイルセットを激安で販売致します。

    ホイルは、軽量鍛造ホイル!!もちろん新品です。

    販売当時は、一本5万円以上の鍛造ホイルでしたが・・・

    ホイルの在庫処分セールなので、激安にします。(笑)

    はみ出さない安心サイズ!!

    もりろん!キャンバー角の付いていない純正の足回りでもはみ出しません♬

    245/45-18

    タイヤは、新商品ダンロップ DIREZZA Z Ⅲ!!(新品ですが、少し転がしで使用しました。)

    このセットで1台分、なんと・・・250,000円(税込み)早い者勝ちです。

     

     

     

  • GWは、大分オートポリスサーキットざんまいでした。(笑)

    先ずは、5月3日雑誌レブスピード走行会 レブスピードパーティーへ参加させて頂き巷で話題になっているダンロップnewタイヤ DIREZZA ZⅢTOYOTA GAZOO86/BRZ RaceプロフェッショナルシリーズCUSUCO BS 86でシリーズ参戦中の『ターザン山田』こと山田英二選手に本気ドライブ?でインプレッションして頂きました。

    その模様は、次号の雑誌レブスピードのオマケDVDで見れると思います・・・??

    そのレブスピードパーティーで20分×3セットを山田選手とFOREST@RACING石川選手で走り好感触を掴めました。

    次の4日も朝からオートポリス4輪スポーツ走行枠25分×2セットを石川選手がテスト走行を重ねましたが、現場調整は、厳しいと判断!一旦設備の整ったお店に戻り、サスペンションのセット調整と再メンテナンス!

    メカニックの佐久間店長がメンテナンス&セットアップの準備を行って、石川選手とFORC監督は、ロガーと動画で予習と復習と作戦を・・・(笑)

    5日に再オートポリスへ!!世間ではGW・・・交通安全で移動しました。

    そして3日~5日と6日の4日間で沢山走り込み新品のタイヤだったダンロップ ディレッツアZⅢ・・・

    合計50LAP以上走りこんなお姿に・・・のおかげでマシンのセットアップもイイ感じになりました。

    そして7日、予選&本戦は、プロクラスのBRZと同じピットで色々学べました。

    予選は、35台中24位・・・石川選手・・・いつも微妙な位置からスタートになりますが!!

    レースの醍醐味!それは『抜く』・・・

    例えば・・・スタートダッシュで抜く!コーナーで抜く!直線で抜く!ブレーキで抜く!この抜くテクニックは、ドライバーのスキルとマシンのスキルで可能になりますが、86/BRZRaceのようにワンメイク=イコールコンディションな車で抜くは、コーナー侵入時のブレーキング競争がメインになります。

    仮にコーナーや直線でバシバシ抜けるようだと・・・タイヤの差!馬力の差!に疑問が出ます。(笑)

    スタートからレースの前半3周目で24位から5台抜きの19位までジャンプアップしましたが・・・2ヘアでオーバーラン&スピンで数台追い抜き26位でチェッカーでした。

    今回のレースを終えて、あらためてタイヤの安定感とブレーキの安定感がレースを左右する事が解りました。

    昨年から雑誌広告にも宣伝してました無印本物『tomarina』シリーズは、tomarinaとtomarinaの2種類を用意して131号車は、tomarinaを昨年からレースで使用してます。ちなみにSとRの違いは、ドライとウエットで使い分ける感じです。

    フロントローターは、2セット目で年内このまま持ちそうです。(笑)

    リアローターは!なんと!!新車から交換無で使用して、もう少し使えそうです。

    熱に強くてローター攻撃性も少ないFOREST R tomarina S tomarina R 共にフロント¥32,000 リア¥28,000

    他にインプレッサやランサーエボ等もラインナップしています。

    懐かしい写真!86/BRZ発売当初の5年前から無印本物パーツテストを繰り返してきました。

     

     

     

  • FOREST BRZ SARD Racingターボ仕様のレブパ走行に関するお詫び<(_ _)>

    先日のブログでFOREST BRZ SARD RACINGターボ仕様をレブスピードパーティにて久々走らせる予定でしたが・・・同じGW最終日の5月7日に開催されるオートポリス ゴールドカップレースに併催レースとして、あのGR 86/BRZ Raceが開催されます。

    そのGR 86/BRZ Raceに当クラブFOREST@RACING広島支部長である石川選手がゼッケン131号車『フォレストR SPMマロ BRZ』クラブマンシリーズへエントリーしました。

    エントリー台数が、なんと!36台も・・・!!こりゃー石川選手には、頑張って上位を狙ってもらわないと!!ちなみにプロシリーズは26台もエントリーしています。合計62台の86/BRZが集まるのです。86/BRZユーザーさん!GWは、オートポリスですね~♫

    そんなこんなで、久々BRZターボ仕様で楽しむ予定でしたが、このGW期間FOREST@RACING監督業を真剣に専念する事に致しました。楽しみにして頂いていた方には、大変申し訳御座いませんでした。<(_ _)>

    3日のレブパも131号車の練習&調整で石川選手が走ります。応援宜しくお願い致します。

    お詫びに・・・2015年ハイパーミーティング㏌オートポリス時のD.C.FOREST BRZ ターボ仕様動画を公開致します。<(_ _)>

     

     

     

  • レブスピード パーティーINオートポリスヘ!!

    5月3日GW初日は、雑誌レブスピードの走行会!!

    レブスピード パーティーが開催されるので・・・

    そこで久々のFOREST BRZ ターボ仕様がショップ枠で走ります。

    そのスバルBRZに装着されてるターボキットは、SUPER GTでお馴染!

    GT500 class 2016シリーズチャンピオンSARD RACINGプレミアムターボキットを装着!!

    そのターボキットは、街乗りからサーキットに至るまで、とても使いやすい性質のキットです。

    エンジン本体の方は、手を加えずポン付けタービンなのです。

    タービンキットや他のチューニングパーツが装着されていても、改造申請や構造変更を行えば・・・

    タイヤは、PL保険にも入っている安心の国産タイヤの中でも比較的『お買い求めやすい』

    価格帯のタイヤで、最新のダンロップ ディレッツア ZⅢで、走りを楽しみたいお客様目線で選んでみました。

    時代の流れでフェンダーからツライチでなく、あえて余裕の245/40-18サイズをチョイス!!

    もちろん一般公道も普通に使える仕様なので・・・

    車検書通り4名乗車、軽量も無し・・・ロールバーは、ドライバーの身を守る安全装備!!

    なので、ターボキット+安全装備諸々で重量増しなのです。(汗)

    こんな普通の86/BRZをターボ仕様にしてオートポリス2分10秒を切れたら楽しいですね~☆

     

     

  • お手軽ライトフォーミュラは…無茶苦茶楽しかった!!

    お手軽なんて書きましたが・・・このライトフォーミュラ!!隅々まで見たところ基本構造は、本当に立派なフォーミュラマシンで、安全対策も万全に考えられ作られています。

    そのライトフォーミュラを製造販売をしているメーカーは、東京都江戸川区にある『レーシングガレージENOMOTO製ライトフォーミュラマシンがなぜ?フォレストに・・・!?

    このマシンは、地元の『西日本工業大学学生フォーミュラサークルTeam NIT』の持ち物で、今年から本格的に活動を開始したできたてホヤホヤの大学公認自動車研究サークルで、その学生フォーミュラと言うものは、学生達が自ら設計からデザインに材料選びに製造コストを考え自分達で一から作り上げ、その手作りオリジナルマシンで全日本 学生フォーミュラ大会なる全国大会が毎年9月位に静岡県で『公益法人 自動車技術会』主催で開催され今年で15回目の大会です。

    工業大学の研究の一環として「学生による学生の為のものづくり」なのです。

    ※余談※その全日本学生フォーミュラを経験した人の多くは、自動車メーカーの開発関係に就職できているようです。

    そしてそのライトフォーミュラ号の体験試乗会を日産自動車九州株式会社様へ嘆願したところ、地元工業大学と地元JAF加盟レーシングチームと言う事で!                ゲストホールの駐車場をお借り出来ました。日産自動車様、御協力有難う御座いました。<(_ _)>

    駐車場の試乗会とは言え、FOREST@RACING CLUBは、れっきとしたモータースポーツクラブなのでコンペティション ギア(自動車競技用装備品)もしっかり装備して・・・        チーム監督もこの日ばかりは、ドライバーに変身~!(笑)

    クラブ紅一点のさつきさんも・・・丁寧なドライビングで好タイムを叩出してました。

    西日本工業大学エースドライバーも・・・小さい頃からのレーシングカートで鍛えたテクで見応えの走りでした。

    そして地元工業大学と地元プロレーシングチームのコラボなので役所の広報担当さんも取材に来て頂けました。

    今年から国際Cライセンスへ昇格したFOREST@RACINGエースドライバー石川選手!この日は、広島からポルポル911号で登場してくれました。(笑)日産自動車の協力会社の方や警備会社の方に白いバイクに乗った人達が興味津々に見入っていました。

    朝10時から15時まで日焼けしながら5時間交代で、ぶっ通しで色んなドライバーが乗りましたが全くトラブルもなく楽しい試乗会となりました。

    このライトフォーミュラ試乗会は、定期的に開催したいと思いますが、

    見ての通り、ブレーキ、クラッチ、アクセルのペダル位置が狭いので、幅の狭いレーシングシューズ又は、ドライビングシューズが必要です。

    日産自動車九州株式会社様、有難う御座いました。<(_ _)>