• ZC32スイフトスポーツのアンダーパネル完成!!

    お客様たってのご要望で床下のフルフラットを実現するべく約2週間掛りの力作!!

    が!コチラ・・・近所の峠道での試運転でも違いが分るとオーナー様の絶賛!!                整流効果と直進安定性もふまえてみました。

    マフラーの熱対策も万全に耐熱シートと耐熱マフラーバンテージもふんだんにマキマキしました。

    ピったーと張り付くように曲がりまっすと!!

    オーナー様も大満足して頂けたようで良かったです。有り難う御座いました。<(_ _)>

  • ZC32Sスイフトスポーツの床下をフラット!!

    スズキのZC31やZC32スイフトスポーツと言う車は、床下の処理(フレーム・パイプ類)がむき出しで床下を通る空気の流れが乱れる、俗にゆう乱気流を起こしやすい構造になっている!!(新型のZC33は良くなっている)

    それをフラット化する事で、サーキット走行等の高速走行での安定性が増すのです。

    ここで文章で書くのも時間が無いので、気になる方は、お気軽にご来店ください。

    解りやすく言葉で説明させて頂きます。<(_ _)>

     

  • MINI JCW R56をドレスアップ!!

    エアロボンネットの塗り分け塗装もキレイにできました。

    フォレストでは、こんな塗分けも承ります。

    フロントバンパーも、もちろん塗分けで塗装しました。

    ラッピングも考えましたが、色や艶を考えたら塗装になりました。

  • ZC32S スズキスイフトスポーツのボンネット交換!!

    スイフトの純正ボンネットを開け人だと分かりますが!大きくない割には、重い!!とにかく重い!!そんな重いボンネットを軽量化とドレスアップも含め交換します。

    取り敢えず、思いボンネットを外し、軽量カーボンボンネットへ取換えを簡単に行い、あとは、隙間や高さ等を調整していきます。

    この際、一発でポンと換えてOKなパーツもありますが、中には、製造工程の乾燥で起きる捻じれや歪みで、左右のフェンダーやヘッドライトに干渉したり、隙間が合わない商品もあります。そんな時は、ステーやワッシャ等で、微調整をしますが、その作業が結構大変です。

    色々と微調整が終わったら、最近のS耐マシンでも使用されていて、車検にも問題無く合格する『ワンプッシュロックピン』をこれまた、調整を繰り返して取り付けます。

    純正のボンネットオープナーも生かしたまま装着なので、サーキット走行時のボンネット閉め忘れ防止にも役に立ちます。

    真ん中をポッチと押すと簡単にロックが外れます。

  • 初めてのMINI JCW R56のクラッチ&LSD交換!

    国産車だと悩む事は、少ないですが・・・それも外車で初の作業だと!う~ぅサービスマニュアルもクラッチ交換くらいの簡単なもの・・・そんな時、必ず「チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ」←本田社長のお言葉が脳裏を過る!!

    いくら外車でも同じ人間が造った物だし、万が一の時に備え、お客様に迷惑が掛らない様に保険もシッカリ入っているので、喜んで作業させて頂きます。

    そんなこんなで、国産車と要領が違いそうなのと部品到着も時間が掛りそうなので、長期作業リフトへ!!

    佐久間店長の的確に素早い作業であっと言う間に全面がバラバラ!!

    何となくですが、新型スイフトスポーツがこの車を真似た様なレイアウト・・・同じFFターボだから似るだけでしょうが!!ww

    それと序でにインタークーラーとパイピングも社外品に交換します。

    最近の流行!?EXマニ一体式ターボ!?カバーの中の鋳物マニだと、もしかすると苅田町の日〇金属で作られているのかも・・・?ww

    ひとつ前のR56と言うミニですが、シャシ基本構造は、少し古いかも!!

    このシュラウド?は、斬新ですね!!止まっている時は、閉じていて、走りだして風が当たると開く仕組みに!早く水温を上げて、走り出すと冷やす!当り前のようで日本車には、無いような機構です。

    こうやって、色んな車に携われると、色々見れて楽しいですね!!

  • スバルWRX STIにオイルクーラーとアルミラジエター取付完了!!

    こんな感じにオイルクーラーも付きました。

    エレメントの移動もこんな場所に移りましたが、作業性も問題なしです。EXマニからの熱も遮断!←ココなんかレースカー制作しているノウハウ♫

    汎用(はんよう)のオイルクーラーは、コアや移動キットの取付ステー、ホースの加工等は、プロショップにて制作するのです。意外に熱カロリー計算なんかもやってたりします。

    ラジエターもピカピカで良く冷えます。

    先日導入した新兵器!クーラントチェンジャーでエアー抜き作業の時間も1日短縮されながらも確実にエアーが抜けます。

    しかし!!バンパーを元に戻すと外見からは、見えなくなりますが!走りを楽しみたい人は、必要アイテム!!ww

    インナーフェンダーカバーを付けるとエレメント移動キットも・・・見えない!ww

    唯一ボンネットを開けるとピッカピッカのラジエターとサムコのホースが見えるくらいです。

    ↓超~薄々ラジエターとサーモスタットよサヨナラ~!!w

    壊れてからだと・・・エンジンブローの確率が随分と下がりました。

  • スバルWRX STIにオイルクーラーとアルミラジエター装着中!!(気になる方は、19日まで作業見学できます。)

    暑い夏場は、水温と油温&油圧を気にして走りに集中できない!!そんなオーナー様の要望で今回、オイルクーラーと大型アルミラジエターの取付を寒くなった冬場に行っています。ww

    オイルクーラーは、当店の元デモカー『BRZ』『スイフト』『GDBインプレッサ』にも装着して実績のあるHIP EVOLVE汎用サイドタンクオイルクーラーキットオイルエレメント移動タイプをチョイス!

    サーキット走行の周回を重ねるなら、空冷式オイルクーラーですよ!!

    イイ感じに収まりそうですが、レインホースが空気を妨げているので要加工です。

    オイルエレメントの位置が変わるので面倒ですが、そこは数多くのオイルクーラーを取り付けた実績でどうにか!ww

    GReddy ラジエター TWR

    オールアルミ製の2 層ワイドチューブコアを採用したスポーツラジエターを選びました。先日購入したスナッオンのクーラントチェンジャーの出番!w

    これで、水とオイルが冷えて安心して走れます。冬場のお買い上げ有難う御座いました。<(_ _)>

     

     

  • 耐久レースで酷使したZC32Sスイフトスポーツのミッションを分解整備する。

    新型スイフトスポーツと同じM/Tみたいなので、オートポリス300㎞耐久レースで酷使したFOREST@RACINGスイフトスポーツ号のM/Tとお客様のスイフトスポーツのM/Tを分解して、新型スイフトスポーツにフィードバック出来るように研究します。

     新型は、1400CCターボでパワー&トルクも上がり、ミッションやクラッチ以外にも高負荷が掛かり、壊れる原因になります。それらをサーキットにてレースを通じ、耐久性能を確認し、弱い箇所の解決策を改善する事が、プロの役割だと先人に教育されてきました。

    九州オートポリス サーキットには、国内初 スズキスイフトスポーツや日産ノートニスモで耐久レース出場する非常に珍しいケースです。(笑)

    壊れてもいない部分を分解して確認するなんて!!と思われますが・・・これがレースで、マシントラブルの原因に繋がり、途中リタイヤが一番悔しい思いをします。

    ギヤとLSDが一緒にミッションケースに入っているので、特に熱に強いオイルを選びたいもの!!

    レース中にリタイヤ・・・そんな思いをしたくないので、時間とお金を掛けて万全の状態で、チャレンジします。

    そんな技術やノウハウをFORESTは、お客様の大事なお車にもフィードバックするお店なのです。

  • 後期TOYOTA86にTRUSTタービンキット!!

    ネッツトヨタ福岡様からのご依頼で後期GT LIMITED AT車にTRUSTターボキットを装着しています。

    街乗り仕様なので、冷却系は純正のまま、タービンポン付けでノーマルから50PS~60PS アップで楽しんで頂きます。

    パワーに飽きたら、次へのステップで冷却系等手を加えると300PSまで上げれます。

    ちなみに↓は、FOREST BRZ SARDプレミアムタービンキット!オイルクーラーやラジエター等々もしっかり変えて冷却も完璧なので、サーキットを全開で走ってもトラブル無しでした。

    NAエンジンにポン付けターボにする際は、信頼性の高いエンジンオイルをお薦めします。

    FORESTでは、スピードマスターレーシングオイルを推奨致します。

    86&BRZにターボを・・・と考えているオーナー様は、どうそ御来店にて御相談を承ります。<(_ _)>

  • お手軽スイフトスポーツが大人気!!

    今月は、お二人のお客様からZC31とZC32を依頼され、探しに探して!極上品を探せました。

    お客様も程度の良さに喜んで頂けました。ご購入有難う御座いました。<(_ _)>

    FORESTスイフト号も痛ましいクラッシュから復活に向けて準備中です。