• カッコシブいニスモマーチ!!

    新車納車時に、車高調、機械式LSD、補強パーツ、ナックルライン←昔の昔の呼び方・・・www

    この度、新車から3年が経ち初めての車検、ついでにタイヤ&ホイルとニスモのフロントリップスポイラーとラインも太さをオーナーの好みで、貼り換えました。

    このマーチがシブいとかカッコいいと思うには、40代から上の年代の人だけでしょうか??

    チューニングカー時代にFD3Sを乗っていたオーナーのセンスが光ります。

     

  • ZC33Sスイフトスポーツに車高調とLSDの慣らし作業からの・・・!!

    納車から ゆっくりのんびりチューニングの予定でした。【福岡県苅田町臨海工業地域】

    GWは家族でドライブを楽しんだり、息子のテニス試合に奥さんとドライブついでに行ったり・・・【福岡県苅田町 神ノ島】

    久々のFFターボ コンパクトカーで峠ドライブも楽しんだり・・・【福岡県みやこ町 伊良原ダム】

    そんな感じでのんびりな感じでスイフトスポーツの慣らしを楽しもうと思っていたら・・・

    雑誌ハイパーレブ スイフトスポーツの企画取材で株式会社キャロッセ様のクスコ車高調とLSDのテスト依頼でのんびりムードから急展開!!

    サーキット専用みたいな宣伝ですが、街乗りで乗り心地も良く突き上げなどもありません!!

    伸び側と縮側のスピード調整(硬さ)も可能な優れたショックを採用!!

    機械式LSDは不快なバキバキ音も無し、トルセンデフの効きを高めた感じ!?

    そんなクセの無いスイフトスポーツを地元のライターさんに試乗して頂いて率直な記事を書いて頂きます。

    三栄書房ハイパーレブ スイフトスポーツを御購読下さい。<(_ _)>

     

  • 続々・前期型に後期エンジンスワップ!(完成)

    遅くなりました!!86/BRZ前期も前期型に後期型エンジンスワップ計画を始めて約2か月ほどで完成しました。

    前期から後期へ積み替えた事例を九州では聞いた事なく、なかなかの手探りでした。

    前期ECUで後期エンジンは空燃比も全然変わるので現車セッティングでパワーとトルクもUP!!

    走行距離が延びエンジン音も賑やかになった前期86/BRZのお客様のご依頼にお応え出来るようになりました。

    ↑↑の車両は↓↓2012年の福岡カスタムカショーに出展した元FORESTデモカー壱号機!!

    これでまだまだ元気に走れるようになりお客様も喜んで頂けます。有難う御座いました。<(_ _)>

  • 続・前期型に後期エンジンスワップ!

    積み換えは簡単に終え・・・エンジンも一発始動!!

    しかし!!!!!そうは問屋が卸してくれませんでした。(>_<)

    前期と後期のエンジンでは色んな箇所が変わっていて積み換えは簡単でしたが、その後が大変でした。

  • BRZ前期型に後期型のエンジンスワップ!!

    後期型のE/Gは何かと良くなっていると言う事なので、元FORESTデモカー1号機の前期も前期なBRZに後期E/Gをスワップしてみます。

    INマニも後期の証!赤結晶塗装でカッコイイ~♫

    後期エンジンは、部品強度も上がって吸排気の効率も上がってます。全てにおいてアゲアゲです。ww

    こんな86BRZ前期の弄り方も大人な感じでオシャレですね!

  • ダイハツコペンにサイトウロールゲージを・・・

     

    来月地元の工業大学に入学するK君のダイハツコペン!

    大学に入ったらモータースポーツに取り組みたいらしく高校生にしてアルバイトの掛け持ち!とにかく働き者!月に15万円以上の収入を好きな車へ投資【自分に投資しているのと同じ】している・・・18歳にして凄い❕❕

    コペン用のロールゲージは、有名なサイトウロールゲージにしか製造販売してないらしく、それも車両に個体差がある為、加工や溶接が出来る経験豊富なレーシングショップ工場への販売だけである。

    確かに、一か所加工溶接の必要があった!

    そんな溶接や加工が必要なコペンのロールゲージですが・・・K君曰く、地元にできる店が有って良かったと喜んでました。

    ↓↓↓に比べれば、なんてないです。(笑)

    ダイハツコペンのボディ剛性を上げたい方、またはドライバーの身を守るためにロールゲージの取付を考えているオーナー様は、九州福岡でもサイトウロールゲージ製ロールゲージを装着できます。この機会にどうぞ宜しくお願い致します。<(_ _)>

  • 今度のレースに間に合うのか!!(;^_^A  

    忙しさの余り、途中でUPするのを忘れていました。ギリギリレースには間に合いました。(笑)

    最近の車のレギュレーションは、昔の車と違いドライバーの身体を守るロールゲージもより頑丈になってます。

    メーカーさんに頼むと3ヵ月位、掛るらしい特別仕様のロールゲージ!

     

     

    無事に2018年度 JAF加盟クラブのプレートが届きました。

    今年も町の整備工場&カーショップ&レーシングショップとして頑張れます。みなさま宜しくお願い致します。<(_ _)>

  • ZC32Sスイフトスポーツの床下をフラット!!

    スズキのZC31やZC32スイフトスポーツと言う車は、床下の処理(フレーム・パイプ類)がむき出しで床下を通る空気の流れが乱れる、俗にゆう乱気流を起こしやすい構造になっている!!(新型のZC33は良くなっている)

    それをフラット化する事で、サーキット走行等の高速走行での安定性が増すのです。

    ここで文章で書くのも時間が無いので、気になる方は、お気軽にご来店ください。

    解りやすく言葉で説明させて頂きます。<(_ _)>

     

  • TOYOTA86 6速ミッション分解修理(6MT O/H)

    前回のAP86/BRZRaceで2年間酷使していたFORESTRACING石川選手の36号車が遂に!!

    ミッション不調でオーバーホールをする事になりました。

    手際良くバラバラに分解して

    ミッションケースには、問題は見られませんでした。

    よ~く見るとギアとシンクロにダメージが残ってました。

    悪くなっている部品を交換して組付け作業をします。

    石川選手に来年度のレースは、万全な車で挑んで、3年連続シリーズチャンピオン目指して頑張って欲しいですね!!ww

     

     

     

  • ZC32S スズキスイフトスポーツのボンネット交換!!

    スイフトの純正ボンネットを開け人だと分かりますが!大きくない割には、重い!!とにかく重い!!そんな重いボンネットを軽量化とドレスアップも含め交換します。

    取り敢えず、思いボンネットを外し、軽量カーボンボンネットへ取換えを簡単に行い、あとは、隙間や高さ等を調整していきます。

    この際、一発でポンと換えてOKなパーツもありますが、中には、製造工程の乾燥で起きる捻じれや歪みで、左右のフェンダーやヘッドライトに干渉したり、隙間が合わない商品もあります。そんな時は、ステーやワッシャ等で、微調整をしますが、その作業が結構大変です。

    色々と微調整が終わったら、最近のS耐マシンでも使用されていて、車検にも問題無く合格する『ワンプッシュロックピン』をこれまた、調整を繰り返して取り付けます。

    純正のボンネットオープナーも生かしたまま装着なので、サーキット走行時のボンネット閉め忘れ防止にも役に立ちます。

    真ん中をポッチと押すと簡単にロックが外れます。