• ZC32S スズキスイフトスポーツのボンネット交換!!

    スイフトの純正ボンネットを開け人だと分かりますが!大きくない割には、重い!!とにかく重い!!そんな重いボンネットを軽量化とドレスアップも含め交換します。

    取り敢えず、思いボンネットを外し、軽量カーボンボンネットへ取換えを簡単に行い、あとは、隙間や高さ等を調整していきます。

    この際、一発でポンと換えてOKなパーツもありますが、中には、製造工程の乾燥で起きる捻じれや歪みで、左右のフェンダーやヘッドライトに干渉したり、隙間が合わない商品もあります。そんな時は、ステーやワッシャ等で、微調整をしますが、その作業が結構大変です。

    色々と微調整が終わったら、最近のS耐マシンでも使用されていて、車検にも問題無く合格する『ワンプッシュロックピン』をこれまた、調整を繰り返して取り付けます。

    純正のボンネットオープナーも生かしたまま装着なので、サーキット走行時のボンネット閉め忘れ防止にも役に立ちます。

    真ん中をポッチと押すと簡単にロックが外れます。

  • 初めてのMINI JCW R56のクラッチ&LSD交換!

    国産車だと悩む事は、少ないですが・・・それも外車で初の作業だと!う~ぅサービスマニュアルもクラッチ交換くらいの簡単なもの・・・そんな時、必ず「チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ」←本田社長のお言葉が脳裏を過る!!

    いくら外車でも同じ人間が造った物だし、万が一の時に備え、お客様に迷惑が掛らない様に保険もシッカリ入っているので、喜んで作業させて頂きます。

    そんなこんなで、国産車と要領が違いそうなのと部品到着も時間が掛りそうなので、長期作業リフトへ!!

    佐久間店長の的確に素早い作業であっと言う間に全面がバラバラ!!

    何となくですが、新型スイフトスポーツがこの車を真似た様なレイアウト・・・同じFFターボだから似るだけでしょうが!!ww

    それと序でにインタークーラーとパイピングも社外品に交換します。

    最近の流行!?EXマニ一体式ターボ!?カバーの中の鋳物マニだと、もしかすると苅田町の日〇金属で作られているのかも・・・?ww

    ひとつ前のR56と言うミニですが、シャシ基本構造は、少し古いかも!!

    このシュラウド?は、斬新ですね!!止まっている時は、閉じていて、走りだして風が当たると開く仕組みに!早く水温を上げて、走り出すと冷やす!当り前のようで日本車には、無いような機構です。

    こうやって、色んな車に携われると、色々見れて楽しいですね!!

  • スバルWRX STIにオイルクーラーとアルミラジエター取付完了!!

    こんな感じにオイルクーラーも付きました。

    エレメントの移動もこんな場所に移りましたが、作業性も問題なしです。EXマニからの熱も遮断!←ココなんかレースカー制作しているノウハウ♫

    汎用(はんよう)のオイルクーラーは、コアや移動キットの取付ステー、ホースの加工等は、プロショップにて制作するのです。意外に熱カロリー計算なんかもやってたりします。

    ラジエターもピカピカで良く冷えます。

    先日導入した新兵器!クーラントチェンジャーでエアー抜き作業の時間も1日短縮されながらも確実にエアーが抜けます。

    しかし!!バンパーを元に戻すと外見からは、見えなくなりますが!走りを楽しみたい人は、必要アイテム!!ww

    インナーフェンダーカバーを付けるとエレメント移動キットも・・・見えない!ww

    唯一ボンネットを開けるとピッカピッカのラジエターとサムコのホースが見えるくらいです。

    ↓超~薄々ラジエターとサーモスタットよサヨナラ~!!w

    壊れてからだと・・・エンジンブローの確率が随分と下がりました。

  • 立て続けにTOYOTA86のチューニング!!

    先月の86にエアロ取り付けや今月は、タービンキットに機械式LSD(通称デフ)の組み付けをさせて頂いております。

    今回のタービンキットは、ネッツトヨタ福岡様からのご依頼です。ありがとうございます。<(_ _)>

    後期TOYOTA86新車に・・・

    トラストターボキット!!街乗り重視の乗りやすい86へと変身します。(笑)

    そして機械式LSDのご依頼は、某地区の販売店様から!!ありがとうございます。<(_ _)>

    86レースやヴィッツレースへ参戦する際は、喜んでお手伝いさせて頂きます。

  • 新車から5年!TOYOTA86の衣替え♬(エアロ)

    自分のオリジナル性をだすなら、ひとつのエアロメーカーに拘らず、色んな組合せで楽しめる仕様から

    フルエアロスタイルまでFORESTは、お客様の個性に合わせ、きれいな取り付けや塗装に拘っています。

    そんな具合で、当店では1台のお車を最大限楽しめるように、ステップを提案させて頂いております。

    車の目、ヘッドライトも社外品に変えたり

    フロントバンパー

    リアバンパー

    ブリッツのフロントバンパースポイラー

     

     

    リヤは、Sクラフトさんのエアロパーツでヒップラインをオシャレに♬

    元々装着していたTRDのファンダ―モールも合わせて装着しました。

    純正品と違い社外品の合わせ(チリ)は、地味で時間の掛る作業ですが、それが一番大事な作業です。

     

  • 二代目TOYOTAプリウスのブッシュ交換作業

    ワザワザお隣の大分県から来て頂いた走行距離18万km走行のTOYOTAプリウス!

    エンジン自体は、何も問題なく快調のようですが、距離が距離だけに足回りの関節部分(ゴムブッシュ)人で言うと関節の軟骨が擦り減って痛みを伴いまが、車だと走行中に「フラフラ~」とハンドルが小刻みに揺れたり、何となく真直ぐ走らなかったりします。

    フロント部分は、ロアアームASSYで交換が安上がりです。

    古いブッシュをよく見ると・・・ブッシュに小さな亀裂が有り!そこから中のオイルが滲んでます。

    そうなると、ブッシュの役目を果たさなくアライメントもいくら調整しても合いません!

    フロント部分より厄介なリア部分のブッシュです。

    亀裂がハッキリ見えますよね!!こうなるとブレーキを踏むと車がふらついたり、道の悪い所を走ると「ゴツゴツ」音がします。

    リア部分は、全部バラバラに分解してブッシュを油圧プレス機で圧入作業します。

    そして!ショップ兼、分解整備認証工場の最大の利点を活用して頂ける『修理ついでにアフターパーツも』計画をおススメ致します。(笑)

    車も事でお悩みがあればどうぞFORESTへお越し下さい。<(_ _)>

  • ブレーキパット交換とローター研磨!

    サーキットを数度、純正ブレーキパットで走ったお客様から・・・

    「初めて走った時の方が、ブレーキが効いてたけど2回目から効きが悪くなってタイムも出なかった!!」

    そうなんです!純正パットや温度域の低いブレーキパットでは、高温に耐えきれず熱で「炭化」してしまうのです。そうなったら・・・止まらくなり、ローターも歪んだり、はたまたキャリパー温度が上がり、シール類が燃えたり、キャリパーが広がったり…良くない状態になります。

    ブレーキローターが歪むと、ブレーキを踏む度にハンドルへ振動が伝わり小刻みに左右に揺れます。

    よく、ホイルバランスが!タイヤが!とか言いますけど、ブレーキを踏んで振動が起きる原因は、殆どローターの歪みが原因です。ローターの擦り減り方しだいですが、そんな時は、ローター研磨機で両面研磨すると振動も無くなり、焼きも入っているのでベストコンディションの焼き入れローターへと変身するのです。(笑)

    但し!減りすぎている許容範囲を超えたローターだと新品交換となりますので、一度当店FORESTへローターチェック無料なので来店してみては如何でしょうか?

    そして、研磨して歪みも無くり綺麗になった焼入れローターとFOREST RACINGオリジナルブレーキパットTOMARINAへ交換すると!!安心してブッ飛ばせてシッカリ止まる車へと変わるのです。

    雑誌レブスピードでも紹介して頂きました。

    おふざけキャラですが、パーツテストは、真剣です。(笑)

     

  • 86/BRZ発売から5年2回目の車検多し!!

    TOYOTA 86とSUBARU BRZを隅々まで熟知!?している当店ならではの光景です。

    昔と違い小径ステアリング(ハンドル)交換は、緩くなって、少し整備技術を持った方なら自分で交換する人も少なくは、ないと思いますが・・・!

     

    最近の車は、舵角センサーなるものが入っていて、ステアリングを交換したらABSランプが点灯!!なんて事も多々あるので御注意して下さい。もし!舵角センサーを壊すと・・・部品代3万円ほどします。

    メーターパネルには、沢山のチェックランプがあります。このチェックランプは、車両の色んな箇所にセンサーが張り巡らされていて、少しでも異常を感知したらランプ点灯します。(;^_^A

    特に86/BRZは、DIYで弄っている人も多く、エンジンチェックランプ等の警告ランプ系が点灯した車両が多いようです。そのチェックランプを消灯させたり、センサーの調整をしたりするには、車両診断機が必要になります。

    もちろんDラーさんには絶対ある機材ですが、当社にも国産車&輸入車の殆どをカバーしている診断機があるので、安心して御来店下さい。

    注意※メーターパネルに何かしらのチェックランプが点灯していると車検には不合格になります。