• オートポリス86/BRZ Race series 2クラスとわ何ぞや・・・??「雑誌(XaCAR 86/BRZ magazine 017/交通タイムス社発行)にも掲載されています」

    今年で4年目のJAF公認レース!!オートポリス86/BRZ Race series (通称:AP86/BRZ Race)も4年目に突入し!その4年目も11月が今年最後のシリーズ最終戦!!

    そこで5年目に入る前からAP86/BRZ Raceを大袈裟にPRをしてしまおうと思い書いております。ww (赤文字はリンクが張られてます)

    先ず、4年目に入って何となく解ってきたこと①情報が乏しい②敷居が高い③毎戦タイヤ代にお金が掛る④ライセンス取得やモータースポーツの事が解らない…などなど!

    確かに参加している方は普通にJAF競技規則・車両規則やオートポリス一般競技規則書2019年ゴールドカップレース大会特別規則を読みあさり、解らない事は、競技を主催しているオートポリスクラブへ問い合わせして確認をしてレギュレーション&ルールを把握してJAF公式自動車レース競技に参加させて頂いています。

    「雑誌(XaCAR 86/BRZ magazine 017/交通タイムス社発行)にも掲載されています」バックナンバーをご確認下さい。←交通タイムス社 様HPへGO!!

    ①情報が乏しい→オートポリスHPにもシッカリ記載されていますし雑誌にも掲載されています。

    ②敷居が高い→敷居は各々の気も持ちようで高いと思えば高く・・・低いと思えば低いものです。公式レースはレギュレーションで弄れる範囲が狭いです。ww

    ③毎戦タイヤ代にお金が掛る→全戦参戦しなくても無理のない程度でスポット参戦でも良いと思います。

    ④ライセンス取得やモータースポーツの事が解らない→親切にJAFモータースポーツHPに登録クラブ・団体の一覧があります。その中から実際にレース参加クラブや定期的に走行会・練習会を開催しているクラブや団体へご相談下さい。

    「雑誌(XaCAR 86/BRZ magazine 017/交通タイムス社発行)にも掲載されています」←クリックで交通タイムス社様HPへGO

    先日もAP86/BRZ Raceを目標に中古86AT車を購入して準備を進めていると・・・86 Racingグレードでないとレースに出れないと根も葉もない事を言われてショックを受けた方がいました。(何度も言います!AP86/BRZ Raceには出場できます!!)www

  • 2019ゴールドカップレース 第3戦 『AP86/BRZ Race Series第3戦 決勝』

    この日2レース制で体力の限界!?

    午前中にAP86/BRZ Race 第2戦が行われ午後からAP86/BRZ Race第3戦が開催されました。

    予選グリットは朝いちの予選で其々のファーストタイムが第2戦!セカンドタイムが第3戦のグリッド順で決まっていました。#36石川選手は2番グリッドからスタート!!監督から作戦をボソボソっと・・・ww

    #31植田選手はレースデビュー初日で2戦目!!www

    #24さつき選手はお友達の応援団が増えてました。

    #54辰野選手は、重設工業の社員さん達が応援です。

    #131岡村選手の応援に地元苅田町チーム!!ww

    2戦目の植田選手の会社の後輩さんが今回カメラマンを引き受けて下さいました。隅Dさん有難う御座いました。<(_ _)>

    ん!・・・第2戦より台数が少ないような・・・?? そうなんです!第2戦の1周目に第二ヘアピンで2台がクラッシュしてしまい!そのままリタイヤとなりました。第3戦は7台でのレースとなり、当FORCの5台はクラッシュにも巻き込まれることなく無事に全車出場出来ました。

    少しさみしい台数ですが今後、増える予定の86/BRZ レース!!いよいよ第3戦スタート!!

    第2戦でタイヤ温存に努め、この第3戦も2番グリッドからスタートを決めてアウトラインから大外狩りで抜きに出たFORCレース部会長 石川選手・・・作戦はいかに!!

    3番手以降もクリーンスタート!ん~ジェントル!!

    あれ・・・?岡村選手が写ってない??ww いつも一人だけラインが違う気がします。www

    石川選手!トップで帰って来ました。

    2位の選手は、前戦でタイヤを酷使したのか??

    各コーナーの立ち上がりでアクセルを踏めないような・・・!?

    植田選手は、少しレース慣れしたのか?第2戦以上にプッシュしてました!!

    さつき選手と辰野選手も見応えのあるレースでした。

    岡村選手は終始マイペースで頑張っていましたよ~☆

    そんな感じでAP86/BRZ Race第3戦もどうにかFORCレース部会長 石川選手がトップでした。2位の選手も石川選手に『良い勉強になりました』と謙虚に握手を交わしました。これぞスポーツマンシップ!!

    石川選手をAP86/BRZ Race 2class 3年連続シリーズチャンピオンに輝かせた36号車!!車の仕様はGR86/BRZ Race仕様にプラス信頼できる車検対応アフターパーツを追加した程度の車両です。みなさんの乗っている86/BRZでも制作が可能でFORESTでは、86/BRZに関して豊富な整備経験とレースデーターも沢山あります。

    モータースポーツに興味のある方は、是非!ご相談下さい。ライセンス取得からサーキットトライアル・レース参加までフォロー致します。

    終わりに・・・

    今回のゴールドカップレース中は、気温も高く競技参加の選手達の体調を一番心配しましたが、チームの準備した冷却装備や経口補水液等で体調不良を訴える選手が出なかった事に安堵し無事に帰れました。選手をはじめサーキット関係の全ての皆様、大変お疲れ様でした。<(_ _)>

     

  • 2019ゴールドカップレース 第3戦 『AP86/BRZ Race Series第2戦 決勝』

    見応えのあるレースらしいレース!!

    予選は、いつもの石川選手らしくスロースタートで2位・・・

     

    予選1位の選手は、今回がレースデビューらしいが、普段はオートポリスでチューニングカータイムアタックの方でした。随分熱心に練習をされてました。

    その一方・・・2番グリットの石川選手は胸を借りるつもりで頑張りまっす!といつもながら謙虚な姿勢・・・

    #31の植田選手も今回がデビュー戦!!オートポリス走行歴も数えるくらい!!そのチャレンジ精神にGR用白86も所有しているオーナーの石川選手も快く86を貸出しました。

    そして見事にスタートを決めた石川選手・・・

    2番グリットから少し前へ・・・

    1コーナーアウトから仕掛け・・・

    同門対決!辰野選手と植田選手!!

    全車、無事に1コーナーをクリアーして石川選手がトップに!!

    これも同門対決!岡村選手とさつき選手!!

    スタートから1周回して2番手の選手も石川選手にプレッシャーをかける!!この日36号車のトップスピードが伸びてない!!(^_^;)

    初レースで4位争いの植田選手もレースの難しさを噛みしめてます。www

    辰野選手がミスったのか!?随分後退してます。

    植田選手も頑張る!!

    なんと!さつき選手がいつもの『卵を割らない丁寧な運転』で岡村選手と辰野選手を引き離しにかかる!?

    オホホ・・・殿方もスーパーへ卵を買いに行くべきよ~・・・なんて!さつき選手は言ってません!!※注意

    色々省略させて頂いて・・・どうにか#36石川選手もどうにかこうにか1位を死守出来ましたが・・・今までで一番大変でしたと謙虚に表彰台でつぶやいていました。ww

    2位の選手の今後が楽しみです!!   あっ!この後もAP86/BRZ Race第3戦が行われました。そのつづきはまた後日・・・

  • 走りやすいと大好評なFOREST CUP走行会は満員御礼!!

    今回のFOREST CUPは初心者の方が多いようです。

    そこで!AP86/BRZ Race series class2を3年連続シリーズ優勝のFOREST RACIN 石川選手と!!

    FOREST RACIN監督・・・たま~に選手になる小笠監督の2人で希望者の方を助手席に乗せ同乗走行を行います。

     

    そのぽっちゃりコンビがドライブするマシンは~!AP86/BRZ Race series class2車両で 赤86号に最近老眼な小笠監督!!www(予定)

    そしてTOYOTA GR86/BRZ Race series オープンクラス車両 白86にダイエットが上手くいかない石川選手がドライブします。www

    その前に11時からドライバーズ ミーティングで旗やシグナルの説明や注意事項等々のお話を・・・

    ドラミが終わったら車両準備(ゼッケン・計測器・テーピング・ホイルの増し締め・空気圧調整 等)を終えたら・・・12時から30分間・1本目の走行を開始します。

    その際、サーキット走行に慣れた方は先にコースインして頂きます。初心者の方は赤86の後ろへ並んで頂き数周回を赤86について走行します。そこで走行ラインや速い車両が来た場合のウマい抜かれ方 等々を学んで頂きます。

    走行2本目は14時から30分間走行します。この時は、走行1本目のタイム順でピットレーンに並んで頂き・・・お楽しみのローリングスタート形式で走行会スタートの予定です。その際は、ペースカーとしてオートポリス赤86をお借りする予定です。

    あとはドラミにて説明致します。FOREST CUPは安全に楽しくマナーを守ってサーキットをブッ飛ばしましょう!!

  • FORCは2019 ゴールドカップレース 第2戦へ参戦しました。其の④86/BRZ決勝編

    さぁ!この日FOREST RACING最後の公式戦TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2019 クラブマンシリーズ第4戦オープンクラス(長い)ww  #131号車『セントラル交通・FORC86』石川選手は、前日のレース1で3位でゴールしたのでレース2は、オープンクラス3番グリットまわりは、全国からの遠征組だらけの強者たち・・・(^_^;)

    ここで監督の判断ミスが!!メインストレートがまだ濡れていたのでウエットと判断しタイヤの内圧をウエット方向へ・・・

    画像でみてわかるように1コーナーのラインは、なんと!すでにドライ!!(コースの情報収取の大切さを身に沁みながら・・・)

    スタート直後この時点でレース後半は、厳しくなるよ・か・ん!

    しかし!スプリントレース!そんなのは、後の祭り!どうにか石川選手に頑張ってもらわなければ!!

    が!しかしエキスパートクラスと混戦なのでなかなか本来の走りが出来ないうえに、タイヤ温度も予感した通り予定外に上昇したみたいで、少しづつ順位を下げて・・・

    石川選手のレース2は、7位でチェッカーとなりました。やっぱり全国の壁は高かったと思うレース結果でしたが、次のAP86/BRZ Raceに向けてデーター収集が出来ました。

    今回のオートポリス ゴールドカップレースの全ての関係者様、悪天候の中、大変ご苦労様でした。これからも謙虚で紳士的にレース活動を行いたいと思います。<(_ _)>

  • FORCは2019 ゴールドカップレース 第2戦へ参戦しました。其の③ Vitz決勝編

    長い長い3日間の最終日のです。TOYOTA GAZOO Racing Netz Vitz Cup Race 2019 西日本シリーズ 第2戦 決勝レース!!前日の#54号車『重設工業フォレストR Vitz』辰野選手は慣れない苦手なウエットコンディションで予選9位からの追い上げとなりました。

    決勝日もウエット路面、雨も少しパラパラ・・・辰野選手の応援で突然現れた集団!ww  GR福岡?の方で華やかに!!応援有難う御座いました。

    辰野選手にも程良いプレッシャーが掛ったところでスタート!!1コーナーを9番手のままアプローチ!!

    さすがVitzレーサーのみなさん!クリーンスタートでした。

    #54号車 辰野選手!ビミョーな路面を頑張ってコントロールしてたら・・・なんと!!

    ぶっけ本番レースで順調に5位まで追い上げて走行していましたwww

    ところが!!残り2周回のところで操作ミスで単独スピ――――ン!!!!!(いつもはもの静かで紳士な辰野選手が、珍しく自分のミスに悔しさを表していました。)←ここがスポーツ選手!!

    公式結果は7位でチェッカーを受けました!重設工業Vitz号も辰野選手の理想な車両に近づいているみたいで、仕事の合間をみつけもっと練習に励むみたいです。(1000㌔以上走って色々調整した甲斐がありました。)

    第3戦が楽しみになって来ました!!次は86/BRZレース2決勝編に続く・・・www

     

  • FORCは2019 ゴールドカップレース 第2戦へ参戦しました。其の②

    金曜の夜、馬刺しざんまいとオリオンビールのおかげで目覚めもスッキリ起きれました。ww

    そして15日の土曜日!ピットの中も雨が降り込むくらい、やっぱり雨・・・しかし、みんな同じ条件、ウダウダ言ってられないので、前日の占有走行で手応えのあったエアー圧を少し変更して86/BRZ公式予選に挑みます。

    そんなウエットコンディションでドライバーも緊張しながらピットレーンに車を進め、ピットクルー無事で帰ってくれる事を願いながら送り出す!日常生活では味わう事の出来ない緊張の瞬間です。

    #131号車 セントラル交通・FORC86 石川選手は、前日のウエットで占有走行をイイ感じで走った感覚で公式予選もミスなく走れたようでした。

    公式予選の結果は、5位の結果!!オートポリスをホームコースでAP86/BRZ Race シリーズ 2クラスでレース活動をしている石川選手は、結果を謙虚に受け止めていましたが、全国の壁は高いと少し悔しそうな表情でした。

    ココで全国シリーズ戦のGR 86/BRZ Raceの説明をパンフレットから抜粋しました。ご確認下さい。ww

    石川選手もチーム監督も地元のレース仲間から何故?エキスパートクラスでなく、オープンクラスへと結構聞かれましたが、普段の石川選手は、広島県のドライバーでオートポリスへは、ゴールドカップレースとFOREST CUP走行会の時くらいでしか来れず、走り込み練習やデーター収集が出来ないので、謙虚に純粋なクラブマンレーサーとしてオープンクラスへエントリーさせて頂きました。

     

    さてさて!仕事の都合で忙しく前日の占有走行も走れなかった『#54号車 重設工業フォレストR Vitz』辰野選手!!公式予選が苦手なウエットをぶっけ本番になりました。(^_^;)

    辰野選手も本業の仕事がお忙しく全くの練習不足で!オマケにVitz Raceは、今回のこの第2戦が2年ぶりのVitz Race出場!!FOREST RACING 喜屋武チーフメカ(お店では工場長ww)も辰野選手の緊張を解すため、公式予選ギリギリまでエアーチェックや増し締め作業を行っていました。

    他のFOREST RACINGのピットクルーもタイムスケジュール確認やウエット路面の確認等でバタバタしてました。ww

    そして緊張の辰野選手に・・・楽しんで来て下さい!!(ウェットを楽しめる人は神です!)ww

    久々のVitzでウエット路面をミスなく走りでしたが、赤旗中断が2回でタイヤ温度も上がらずタイムもなかなか上げれずでしたが!

    無事に9位で帰って来れました。予選タイムも3台位が近いタイムなので決勝が盛り上がるような気がしました。(*^^)v

    そして!石川選手の参戦しているGR86/BRZ Raceは今年から2レース制!!土曜日に公式予選と決勝レース1が同日開催です。それもクラブマンシリーズの強者エキスパートクラスとオープンクラスで混戦での決勝レース!!土曜は↓↓ご覧のとおり水しぶきが上がるほどのウエットレース!

    少しのミスでもスピーンしたり接触したり・・・

    そんなコンディションレースを『#131号車 セントラル交通・FORC86』石川選手は占有走行時のウエットセットが嵌ったのか!?馬刺しパワーが効いたのか!?www

    なんと!!レース1を3位フィニッシュで難しいウエットレースを無事に終えました。

    さて!残すは16日のVitz決勝レースと86/BRZ決勝レース2です。これまでそこそこトラブルなく順調にきているので日曜も頼みまっす!!

  • FORCは2019 ゴールドカップレース 第2戦へ参戦しました。其の①

    先週の14日金曜日から大分オートポリス サーキットへ!! いつものオートポリスAP86/BRZ Raceだと最近は予選と決勝を日曜日の1日で開催する、仕事が忙しく休めない人の為にオートポリス側が考えた公式競技です。

    今回のオートポリス ゴールドカップレースは、併催レースで全国シリーズ戦のTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2019第4戦と西日本シリーズ戦のTOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race 2019 西日本シリーズ 第2戦の同時開催なので全国から猛者が集まるビックレースになります。

    そんなビックレースへFOREST@RACINから石川選手が謙虚に86/BRZ Race クラブマン シリーズ オープンクラスヘ参戦の為、金曜日の占有走行から参加しました。

    ナンバー付き車両なのでお店から移動も一般公道を普通に走れゼッケンの上から交通安全運動実施中のマグネットシートを貼り、交通安全の啓発活動を行いながら移動します。ww

    普段、重設工業の営業車として使用しているVitzですが!今回それを当社代表がオートポリスへ試走に行き、喜屋武 工場長が調整するといった感じで1000㌔以上走りました。

    そして先日、オートポリスのレブスピード走行会でレブ加茂さんに紹介して頂いた有限会社D1ケミカル(福岡県の地元の添加剤メーカー様)のSOD-1と言う添加剤の説明を受けてサンプルも頂いていたので、いつもお世話になっているスピードマスターレーシングオイルに10%混ぜて施工してみたら・・・驚きの新感覚!!スピードマスターレーシングオイルとの相性も抜群なので大きなSOD-1ステッカーを貼ってレースに挑みました!!

    金曜日の占有走行からウエットコンディションだったのでタイヤの内圧調整が難しく苦戦しましたが、喜屋武工場長のデーター収集力のおかげで、どうにか86の石川選手の方は、クラブマンシリーズ オープンクラス占有走行5位のタイムで終えました。ε-(´∀`*)ホッ

    Vitzの辰野選手は、お仕事が忙しく土曜の予選からぶっつけ本番となり、メカニックもエンジニアもドキドキハラハラで金曜日は終わり、その後FOREST@RACIN保養所にて馬刺しざんまいを楽しみながら・・・土砂降りの上津江の夜は、更けてゆくのでした・・・

    流石に全国大会的な公式レースなだけあって、お手伝いのチーム員のみんなも早くに寝床に入りました。ww

  • 小学校卒業生『将来の夢』に大人が深く伝えないといけない事!!

    さすが福岡県苅田町!北部九州自動車産業の街!!小学校卒業生の夢は自動車に関係する事がありました。

    こんな夢を持っているなら今現在、自動車に係る仕事をしている大人達が伝えないといけないことは!?

    『交通ルールを守りなさい!』『事故を起こさないように安全運転しなさい!』だけで良いのか・・・普通はソレだけで良いのでしょうけど!ww

    今回は、将来ある子供達にそこをもう少し自動車の事を深く掘り下げて考えてみたいと思います。w

    街の車屋FOREST流モータースポーツの話しをする前に・・・

    武道は『心技体』と言います。心を鍛え、技を磨き、強固な体を作る!

    心を鍛えると→今話題の『煽り運転』など心に余裕のないキレやすい人が減少すると思われます。

    武士道精神(礼に始まり礼に終わる)のおかげで勝敗関係なく相手に敬意をはらえばトラブルは起きないと思いますけどね!

    技を磨くと→『危険回避能力』が養え運転に余裕ができ、咄嗟の危険を察知できたら技でかわす技術が身に付きます。

    ステアリングとアクセルとブレーキ操作は人がコントロールしますよね!

    強固な体を作る→動体視力向上につながり、視野からの情報伝達が研ぎ澄まされ危険予知が養われます。そうすると『巻き込まれ事故』防止にも役に立つのでは!

    車も鍛えられ自身の体力が備われば自信も備わると言われてます。無理のない全身運動で関節や筋肉を傷める心配も殆ど無いと思います。

    ↓↓の動画は、FOREST RACING石川選手の競技2年目のレースで『心』の部分の鍛え方が少し足りないようだったので、昨年の3年目は『心』を鍛えて自信が付いたら第1戦から最終戦まで見事!全戦全勝で昨年のシリーズを終えました。

    今シーズン、そんな石川選手は礼儀と行儀も備わっているので昨年同様、引き続きスポンサー獲得できました。

    そして!そんな車を整備するなら勉強し国家資格を取得してプロの整備士になりたいと思っている子供達へ伝えたい事は、一般的な整備や修理だけでは自動車の奥深い箇所まで到達できないと思います。

    一般車両だと走行距離を重ねると壊れるところが!レース競技だと車の掛る負担が大きく、壊れる箇所が沢山あります。そんな経験をできると整備士と言うより『自動車修理の職人』として皆さんから喜ばれますね~!特に新しい自動車はデーター不足で販売店さんでも困る故障が多いです。なのでFORESTは、新しい車両でレース競技に参戦しています。

    そのレースでレースメカニックを経験しているとトラブルが起きても冷静に診断でき解決策を提案できるので『お前とこで売った車なのに分らんちゃーどう言うことか!!』って怒鳴る人が減ります。ww

    そんなトラブルシューティングできる優れた整備士は重宝します。

    夢を持った子供達!行く道を見据えて謙虚に頑張って下さい。<(_ _)>

    確かに『安く済ませよう』とか『楽しければ』とかの気持ちが多い様に感じますが・・・

    もう少し深く考えると、それで良いのでしょうか??と想う今日この頃でした。www

  • 2018年オートポリス年間表彰式へ行って来ました。

    2018年の締めで~す!!

    2年ぶりのホテル日航熊本でオートポリス年間表彰式が行われました。

    オートポリスで開催される公式戦2輪と4輪レースで年間を通じてポイントランキング上位を表彰します。

    その表彰式に当FOREST RACINGへサポートして頂いているスピードマスターレーシングオイル様も協賛して頂いてます。

    先ずは、オートポリスゴールドカップ ツーリングカーSS3class 【FOREST R スイフトスポーツ】

    今年レースデビューを果たしたFOREST RACING松坂選手!!

    なんと!!SS3クラス シリーズチャンピオンで表彰されました。おめでとうございました。

    そしてAP86/BRZ Race クラス2は、全クラスでも全てのレースにおいてトップチェッカーでゴールしたFOREST RACING石川選手!!   3年連続シリーズチャンピオンを取得しました。

    今シーズン、石川選手をサポートして頂いた広島セントラル交通様、福岡糟屋 重設工業様、有難う御座いました。

    ゴールドビームを発している石川選手の来季も期待しております。シリーズ優勝おめでとうございました。

    そしてAP86/BRZ Raceクラス2 シリーズ2位は今季レースデビューした岡村選手!!それまで走行会やドライビングレッスン等、自動車の運転技術向上を頑張っていましたが!レースに参戦する事によってこの1年間で、いっきに上達しました。

    その岡村選手は、オートポリスではレーサー!岡山国際サーキットでは、レースオフィシャルといった活動を行い、モータースポーツ振興の為に常に自分を磨いて頑張っています。

    そしてドライバーズ・カフェ・フォレストの事務員さん兼、主婦FOREST RACINGさつき選手もAP86/BRZ Race クラス2でレースデビューし岡村選手のブロックに悩みながらもシリーズ3位を取得出来ました。

    そのさつき選手のTOYOTA 86は主婦らしく近所のスーパーにお買い物を行く時なども使っている車でレースを今季楽しんで、岡村選手と同様、1年間で見事上達しブレーキングは、まさに男勝りです!!

    シリーズ1位から3位までFOREST RACING CLUBで頂きました。

    オートポリスAP86/BRZ Raceのような普段から通勤やお買い物に乗っていけるナンバープレートの付いた車検にも通る車で参加できる参加型モータースポーツを株式会社DCFグループとJAF加盟クラブFOREST RACING CLUBは社員とメンバー全員で推進して往きたいと思います。

    最後にオートポリス年間表彰式後の熊本ラーメンで〆ます。FORESTのホームページを回覧して頂いたみなさま、今年1年間有難う御座いました。来年もどうぞ宜しくお願い致します。

    それでは、良いお年をお迎え下さい。

    株式会社DCFグループ 代表取締役社長  小笠 正範