• FOREST RACING CLUB特別走行会!!(FOREST CUP)

    12月10日にオートポリスで、開催されたFOREST CUP!到着時は、少し曇り気味でしたが、晴れ男集団のFOREST RACINGなので余裕をブッこいてました。ww

    走行前のドラミもサーキット走行、初心者の方のも解り易いように『コース図、フラッグ、』そして今回、新たに導入された新兵器!小6の息子が精巧に作ってくれた『段ボールマシン2台』を加え・・・

    FOREST RACINGドライバーの石川選手と境選手が実際に起こったコース上のトラブルを精巧に作られた段ボールマシンで再現!www

    それをFOREST RACING コースオフィシャルA1ライセンスを取得し更にスキルアップを目指して11月には、レースデビューも果たした岡村選手の見事な旗捌きで捌きながら解り易く説明しました。

    そんな喜劇的な・・・いやいや真剣なドラミを終えて外へ出ると!!見事に降ってました、雨が・・・

    しかし、参加された皆さんは、雨は雨で楽しいん出来ま~す~♫ なんて前向きな!!

    でもヤッパリ緊張はMAXでした。

    FOREST RACING CLUB特別走行会へ参加の皆さま、お疲れ様でした。

    来年も特別な方を御招待させて頂きますので、都合の合う方は、御参加して下さい。<(_ _)>

     

  • スタートからゴールまで、オンボード映像で見るAP86/BRZ Race FOREST RACINGのすべて!!

    やっと動画編集をどうにか出来るようになりました。(笑)

    先日のオートポリス AP86/BRZ Raceで、FOREST RACING CLUBドライバー#36号車 マロ石川選手の86に前方と後方を映す車載カメラを搭載!!そして#24号車 境選手の86にも前方を映すカメラを搭載して、その3画面を編集してみました。

    マロ石川選手は、トップ集団に喰らい付く気迫の走りで上位でバトルを繰り広げてますが、一方、境選手は、危なげのないマイペース走りで、これからレース出場を考えている方達のお手本になれば嬉しく思います。

    ※スタートからゴールまで、ノーカットにつきヌク場面あり、音量を下げて、家の人に見つからないよう1人でこっそり見て下さい。(笑)

     

     

  • AP86/BRZ レース予選、決勝のすべて!!(最後にオモシロ動画あり)

    ついにAP86/BRZ予選&決勝当日の11月5日早朝から始ります。

    S耐みたいな全日本戦とかのBIGレースと違い地方戦は、日曜日の1日で、予選と決勝を行います。遠方からの遠征組は、非常に助かりますね~☆

    その代り、朝が早い!!まだ月もある少し薄暗い時から受付や公式車検が始まるのでした。

    朝日が眩しいぜ・・・オートポリス!標高800㍍~御来光~☀

    この時、気温4~5℃・・・保養所に止めてた車のガラスは、霜で凍ってました。(笑)

    FOREST@RACINGエースドライバーの石川選手は、前日の練習走行で、何かを掴めたみたいで、予選もトップバッターでコースインしました。

    前戦までのタイムは、2分17秒とか18秒台で安定してたので、封印を解くには良い頃と思い解いたところ前日の練習走行で、いきなり2分15秒台を連発!!この調子で『やっちゃえマロ』と言ったとか言わなかったとか・・・(笑)

    予選、封印を解かれた石川選手は、速かったが!他の選手も速かった!!しかし、14秒台に5台が入る混戦!これだと決勝レースが盛り上がり、見る側も楽しめるレース展開になるのでは・・・!?

    無事に予選も終わり、グリット順も決まったところで、本番までにFOREST RACING 5名は、プロドライバー気取りで、雑誌の取材も・・・(笑)

    さて!決勝レース JAF公式戦ならではのピットからのピットレーンへ!走行会では、味わえない優越感!!←わかる人だけわかる。(笑)

    これぞレースって感じの絵図らです。←わかる人だけわかる。(笑)

    それでは、当クラブの選手紹介を~☆

    FOREST@RACING エースドライバー#36号車 石川選手 40歳 サラリーマン 独身 昨年のclass2 リフェンディングチャンピオン!このレースもクラス2位以上でチェッカーを受ければ、2年連続のシリーズチャンピオン!!石川選手 ミスなくガンバレ―ヽ(^o^)丿

    FOREST@RACING 元全日本ラリードライバー #63号車 出原選手 年金サラリーマン  今回初参戦!!ストイックな出原選手、いつでもラリーに出れる様に、スピード域の速いサーキットで鍛えています。(集中)

    FOREST@RACING  #24号車 境選手!生涯FF乗りと決めてたけど、愛する奥様の86で2度目の参戦、FRで恐る恐る走ってます。(笑) その証拠に境選手、スイフトスポーツに乗った時の方が86より速いです。(爆)

    FOREST@RACING #54号車 辰野選手 株式会社 重設工業 代表取締役 社長、今回初参戦!昨年までヴィッツレースに出場してましたが、ステップアップして86/BRZ レースへ! そもそも辰野選手の舞台は、夜の博多中州でしたが・・・(笑) 健康の為と社員さんの福利厚生の為に舞台をオートポリスへ移し、社員さんともモータースポーツを通じ、イイ汗を一緒に掻き、人を大切にする社長です。(見習うべき経営者様です。)

    FOREST@RACING #131号車 岡村選手 29歳独身 某N産九州工場勤務(笑) 広島に住んでましたが、岡山国際サーキットで、ドライバーズ カフェ フォレストに出会い毎週お店に来る様になったので私曰く『苅田に引っ越して来たら~』の一言で本当に引っ越して来ました。(爆) 

    そんな岡村選手は、マジメでレースが好き ドライバー国内Aライセンスを取得しコースオフィシャルライセンスA1も取得した本物のレース好きです。 今後は、FOREST RACING CLUB主催 Bライセンス講習会の講師も彼が務める予定です。

    そしてレース スタート!波乱の幕開け~!

    終始上位は、レースバトルを繰り広げ、見ている側もハラハラドキドキで見守ってました。

    そしてエースドライバー石川選手の最終戦で『やっちまった動画』をご覧下さい。(笑)

    長々ご覧下さって、有難う御座いました。FOREST RACING CLUBは、これからもモータースポーツを通じ身体を鍛え社会に適したスピードに対応し、先見を持った人材育成に努力してまいります。どうぞ今後とも御理解、御協力をお願い致します。

  • AP86/BRZレース最終戦の前々日の夜から!!(笑)

    2017年度、最終戦のオートポリス ゴールドカップ 第5戦 AP86/BRZレースの前日、4日 土曜日の占有走行でした。

    FOREST RACING CLUBから、この最終戦に5台が参戦し、その内2名が広島支部からオートポリスまで来ています。もちろん遠征なので金曜日からFOREST RACING保養所入りです。

    前々日は、いつもの保養所名物、鍋料理!!今回は熊本県産『だご汁』を皆で作りチーム員で食べました。

    前々日でも大所帯なので鍋は、2基がけで、アルコールは控えめで明日に備えます。(笑)

    4日土曜日は、日頃の行いが良いのか気温も低くて晴天で、絶好のコンディション~♬ タイムも出やすい!!この後、2台も仕事を終えて合流、全5台の初走行!

    午前中の占有走行で、#36号車 石川選手もヤル気スイッチが入り、チームの引っ張り役でピットロードの最前列に!(笑)

    その石川選手の練習走行をご覧下さい。

    今回の石川選手は、ひと味違いました。普段は、広島に住んでいるからオートポリスを走れる時間も無く、練習不足にも拘らず・・・今回は、ベストも2秒以上更新して、練習で2分15秒台を連発、これだと総合上位入賞も期待!

    監督判断で、タイヤの温存の為、さっさと切り上げ、2日目の夜は、これも保養所名物、おでんを作り、本戦前日なのでアルコールも程々に・・・↓食べて飲んで、中休みなマッタリ時間に!!

    気が利くメンバーが!酒の肴を(豊前海のワタリガニ)おかげで、宴の仕切り直しとなりました。(笑)

    そんな山の中での宴は、光行とした満月の明かりに灯されながら夜は更けていきました。

    つづく

  • 86/BRZ レース ナンバー付レースは深い・・・(笑)

    11月5日にオートポリス クラブ(APC)主催のAP86/BRZレースにFOREST RACINGから5台出場する事になりました。

    そこで、徐々に台数も増えているこのJAF公認レースの説明を

    TOYOTA GAZOO RACING86/BRZRaceで参加出来る車両『TOYOTA 86Racing』 『SUBARU BRZ RA Racing』のclass1と・・・

    皆さんが普段から乗っている登録ナンバー、車検の入った少しチューニングもできるJAF B車両規定のclass2の二つのクラスがあります。

    GAZOO RACING 86/BRZRace車両は、レース専用グレードの『TOYOTA 86Racing』や『SUBARU BRZ RA Racing』の2車種に決められて、使用できる部品もGAZOO RACING独自のレギュレーションで決まっています。

    ☟☟は、class1の仕様に近いclass2車両でグレードは、普通のTOYOTA 86 GT、新車から購入し、つい最近初めての法廷車検を陸運局の検査ラインで合格し、そのままレースへ参戦!(笑)

    そのGTグレード86にドライバーの身を守るJAF公認6点式ロールバー装着←参照して下さい。

    そうすると安全にモータースポーツを楽しめます。フルバケットシートで包みこまれ、ロールバーで囲まれているので、安心感が違いますね~♬  

    class1では、レギュレーションでTRD又は、STIの車高調←(色が違うだけで同じ物)だけですが・・・class2だと車高調も自分の好きなメーカーの物を選べセッティングの幅も増えます。

    ほぼノーマルの中に、キラリと光るオイルクーラーのフィッティングが雰囲気をレーシーに!!今後も車検対応なパーツを選び放題ですね!

    この車両は、純正マフラーですが、音量と最低地上高さえクリアーすれば、社外マフラーもOK~♫

    #36号車石川選手のTOYOTA 86には、車検対応ブリッツ1本出しマフラーと改造申請書類付GPスポーツさんのロアアームでトラクションアップ!!

    LSDもメーカー問わずで自分の走りに合った物を選べます。

    それと気になるゼッケンナンバーは、普段から貼ったままのステッカータイプと・・・やっぱり普段乗りは、ゼッケン無が良いと思いの方へは、幅広透明テープで四隅を貼るタイプのゼッケンナンバーもFORESTオリジナル制作しました。丈夫なシート生地にプリントして雨の日でも使い回しも大丈夫♫

    車両の参加準備が整ったら、レースドライバーは、モータースポーツ選手なので、選手を支えるメカニック、ピットクルー、エンジニア、監督、撮影掛り等、仲間が多いとドライバーは、助かります。

    ところで#36号車の石川選手、昨年シリーズチャンピョン!今年も今のところシリーズランニキングトップですが・・・最終戦は2位以上でゴールしないと・・・(^_^;)

    石川選手、今年もシリーズチャンピョン目指して頑張って下さい。(笑)

    オートポリス86/BRZ Raceに興味を少しは、持って頂けたでしょうか!?今後JAF公認競技へ出場をお考えの皆様へ、先ずは、JAFロードサービス個人会員に入会(家族会員はNG)からです。

    ライセンスの取得と意味・・・

    JAF公認サーキットトライアル競技は、1台づつのタイムアタックでタイムを競う競技で必要なライセンスは、JAFモータースポーツライセンスBは、講習会やオートポリス等の走行証明書があれば、Bライセンスが簡単に取得出来ます。(当社FOREST RACING CLUBでもご要望があれば、Bライセンス講習会を開催します。) 

    ↓↓↓ドライバーズ カフェ フォレスト2階ミーティングルームにてJAFモータースポーツBライセンス講習会も開催します。

    JAF公認レース競技は、Bライセンス無くても直接オートポリスで開催されているAライセンス講習会にて(講義、筆記試験、実技)取得できますが!全国でもAライセンス講習会を行っているサーキットは、数少ないのでオートポリスで取得できるのは、助かります。

    大まかに書きましたけど、今後、鈍った体を鍛える為にレースをお考えの方は、ライセンス取得からサーキットマナー、車両制作、競技参戦までの一通りをサポート致します。

    今まで、職場の上司や先輩に『そんなスポーツカー乗ってどこでブッ飛ばすの!?』なんて言われ嫌な思いをした方は、『あっ!ライセンス持ってレースに参戦してますから~☆ニコリ』←ココ大事!と言い返せるようにしませんか!!www 

    物事を深く考えきる人は大抵『えっ!そうなの!頑張って!』とモータースポーツに理解をしてくれる人がや応援に来てくれる人が増えますよ!(実話多々アリ)

    そんな感じで、興味のある方は、是非ご来店下さい。宜しくお願い致します。

    最後までご覧頂き有難う御座いました。<(_ _)>

     

    PS:レーシングシュミレーターゲーム グランツーリスモもスポーツが発売されました。まだPS4も買っていませんが、モータースポーツ色が濃い内容みたいです。これからちょっとしたモータースポーツの風が吹くような気がします。

  • ハイパーミーティングの中でD.C.FOREST走行会を開催しました。

    以前から全日本スーパー耐久選手権や大きなイベントの中に組み込まれてきた、D.C.FOREST走行会!今回もオートポリス様と三栄書房様の御協力で開催されました。

    このD.C.FOREST走行会の内容は、FORESTのJAF加盟クラブFOREST RACING CLUB員が主体で参加者は、主に普段からオートポリス開催のサーキット トラアルやオートポリス ゴールドカップレース、AP86/BRZレースに出場し、国内B又は国内Aライセンスを取得して、JAFモータースポーツや国際公認サーキット オートポリスへ貢献しているモータースポーツドライバーが80%位の参加です。

    残り20%位は、これからモータースポーツ競技等に参加を考えている方を対象に行われます。

    なぜ多くの経験者の中に??と考えると思いますが、それは最初が肝心だからです。普段から競技を通してサーキットルールやマナーとナンバー付車両レギュレーションを理解しているので、トラブルも少なく安心して走れサーキットを気持ち良く走れるからです。

    ドライバーズ ミーティングも必要です。国際Cライセンス ドライバー兼、FOREST RACING監督兼 FOREST小笠社長も走行にあたっての注意と走行会を盛り上げて楽しめる様に、スタート形式の提案と確認を行いました。

    初参加な方にも分りやすくしていますが、先ずは、マナーの良い経験者のマネを・・・(笑)

     

    多分D.C.FOREST走行会は、オフィシャルさん方も安心して見れたのでは??(笑)

    なんと!86ペースカ―は、社長!!

    AP86/BRZ レースの常連!石川選手とS15シルビアの元嶋選手の2人が

    後続車を引張るコースリーダーを務めてくれました。

    その中で、貸切走行会ならではの同乗走行も大好評で、この道30年のベテラン!FFでもFRでも4WD!どれでも乗りこなす社長のテクニックを特別にサイドシートで体験した後は、みなさん!!自己ベストタイム更新していました。(驚き)

    さつきさんも同乗走行した後は、自己ベストを数秒更新!!

    元FORESTデモカーのGDBインプレッサも新車から12年経過してますが、この日トップタイムをマークしていました。

  • ハイパミでGTドライバー井口選手がFOREST BRZターボで3LAPバトルへ!!

    先日のハイパーミーティング㏌オートポリスで最も注目なコンテンツに3LAPバトルがあります。ちなみにハイパーミーティングの元祖、筑波サーキットでは、5LAPなのです。

    オートポリスで5LAPバトルを行うと壊れる可能性が多々あります。(笑)

    4年前の筑波サーキットでGT300 SUBARU BRZドライバーになる前の井口選手!!FOREST BRZがキッカケになったとか?ならなかったとか?・・・(笑)

    その井口選手が久々、FORESTの車に!!それもターボ号~☆ 井口選手曰く、丁度良いパワーで乗りやすいとの事でした。

    クリアファイルにサインを頂いて限定20名様へ特別にプレゼントしました。

    レーシングドライバートークショーの出待ち!

    D1名物MCマナPさんから私もステージに呼ばれましたが!そこは、さすがに御遠慮させて頂きました。(;^_^A

    ん!GT300 SUBARU BRZでコンビを組んでいる山内選手と井口選手と・・・なんと!!4輪レースデビューしたばかりの新人ドライバー元嶋成弥選手がステージに!!(爆)

    まるで子供のお遊戯会をハラハラドキドキで見ている親の気分でした。あっ!真ん中の方は、元嶋選手のお母様です。(笑)

    で!元嶋選手、そのままの勢いでサイン会までやっちゃいました。井口選手、山内選手の寛大な対応本当に有り難う御座いました。<(_ _)>

    レーシングスーツに沢山のスポンサーロゴ入っていますが、兄貴、元嶋ゆうや選手の御下がりでした。(笑)

    九州出身のプロドライバーが、誕生するよう、皆さま御協力をお願い致します。<(_ _)>

  • ハイパーミーティングの前夜祭は!軍鶏鍋パーティ♬(笑)

    行って来ました!!ハイパーミーティングinAUTOPOLIS 2017への前に・・・ココでは、初めて紹介しますが、フォレスト レーシング恒例の『FORC APベースキャンプで美味しい物を食べる』(笑)

    FOREST@RACING CLUBには、オートポリスサーキットでレースやイベントが開催される前日は、FORC(フォレスト レーシングクラブのJAF加盟クラブ略名)は、オートポリスまで車で約5分位の所に20名ほどのクラブ員さんなら誰でも宿泊できるベースキャンプが有ります。

    その訳は、北九州やその付近、広島、山口遠くは、大阪辺りの遠方からオートポリスへ来て走るクラブ員さんが多いので、長旅の疲れを前泊して美味しい物を食べて疲れを取って、次に日に絶好のコンディションでモータースポーツや走行会イベントを安全に楽しんで頂く為なのです。

    例えば、朝8時受付のイベントならフォレストがある福岡県苅田町から2時間30分くらい掛り、そうなれば、早朝5時30分には、出発!!逆算すると4時位には起きて暗い山の中をひたすら移動し、オートポリスへ到着した時には、グッタリ・・・なんて経験をした人も少なくないのでは・・・?(笑)

    で!話は、戻して・・・前泊のお楽しみは、やっぱり『食』につきます。この日もお客様から頂いた貴重で高価な軍鶏肉を使って軍鶏鍋を作ると二人は、はり切って、店を出ました。途中のスーパーで、野菜などの食材を仕入れ、クラブ本体が到着した頃には、美味しそうな軍鶏鍋が完成するところでした。

    男二人で楽しそうに『キッチンでチキンを捌いてます。』なんておやじギャグを言いながら(爆)

    しかし!出来栄えは、料理の腕より、食材が良かったおかげで、とても美味しかった!!(笑)

    みんなも大満足で2つの鍋は、完食となりお風呂に入りサッパリとして夜は熟睡でした。

    そして次の日は、朝が早いので人数分の朝食用のお弁当にカツサンドも作ってました。これも美味でしたよ♬

    こんな感じでFORCって安全に安心して楽しくモータースポーツを堪能できるクラブなのです。(笑)

    本編のハイパーミーティング㏌オートポリスへとつづく!(笑)

  • 9.24 ハイパーミーティングinAUTOPOLIS 2017

    あのハイパーミーティングが2年ぶりに九州オートポリスへ帰ってきた!!

    と言う事で当社もブース出展いたします。

    下の写真は、2015年筑波サーキットで開催された元祖『ハイパーミーティング㏌筑波』へ九州から遠征して!なぜだか車のパーツより福岡県産 自然薯(山芋)が売れまくって、関東圏のお客様の心をつかんで帰郷しました。(笑)

    走り屋の聖地、筑波サーキットには、沢山のチューニングカーファンが集まっていました。

    FOREST BRZ ターボ号も名物5LAPバトルへ参戦して来ました。ドライバーは当社 代表取締役社長 小笠です。

    FOREST スイフトスポーツも自走で筑波まで行き5LAPバトルへ参戦しました。(笑)

    と!

    2年前のハイパーミーティングin筑波とオートポリスも走った、BRZターボが2年ぶりにハイパーミーティングで走ります。

    九州では、珍しい合法ナンバー付車両でサードのプレミアムタービンキット300馬力仕様・・・

    久々の出番でBRZターボ号もちゃんと走るのか!?(笑) 2年前とは少し仕様変更もされてます。

    そして出展ブースでは、恒例のHPIレーシングコンペティションギアを試着販売も致します。

    この機会に趣味のモータースポーツを安全に楽しむため、頭の先からつま先まで揃えてみませんか!?

    当社では、ネームプリントも承っています。カッコいいレーシングウェアーは如何でしょう!

    他のは、大好評86&BRZオリジナルブレーキパッド『トマリーナR』やオフ会のアイテムほぼボンネットが垂直に上がる油圧ボンネットダンパーにスピードマスターレーシングオイルなどの販売も致します。

    この機会にFORESTを身近に感じて下さい。

  • 西日本工業大学 学生フォーミュラ出陣!!

    FOREST@RACING監督代表が兼任で総監督を委嘱されている西日本工業大学 学生フォーミュラ サークル!!

    いよいよ全日本学生フォーミュラ大会へ向けて静岡県小笠山総合運動公園へ出発しました。

    その出発式には、夏休みにもかかわらず、西日本工業大学 西尾学長をはじめ、多くの先生方も見送りに来て頂きました。

    その模様を読売新聞記者の方や苅田町役場の広報部さんに取材に来て頂き、北部九州自動車産業の地、苅田町にある西日本工業大学への期待をされていました。

    初出場の福岡県京都郡苅田町にある西日本工業大学です。

    高校生の皆さん!来年は、一緒にものつくりしませんか!!

    女子マネージャー大募集♬