DRIVER'S CAFE FOREST

NEWS & TOPICS

ニュース&トピックス

  • 進撃のBRZ外伝!!【ハッピースイフト編】

    Forest@Racingから新型BRZがいきなりレースデビューを果たした11月21日オートポリス ゴールドカップ最終戦 2時間耐久レースには、もう一つの物語があったのだった!!ww

    ある意味BRZよりも素晴らしく微笑ましい内容に時にはハンカチが必要かもしれない事を前もって伝えておきたい。

    なぜハッピースイフトなのか?・・・そう・・・このスイフトは、幸せを呼び込むパワーがパネ~からなのだ!!

    新型BRZと同じ2時間耐久レースへツーリングカーシリーズ(TC)SS3クラスへエントリーした境 至選手&境さつき選手は、ご夫婦で参戦!!このご夫婦参戦もおそらくオートポリス初??九州のモータースポーツ史でも聞いたことがない・・・(私が知らないだけかもなので、他にもいたら教えて下さい。)

    そして決勝グリットへは、奥様のさつき選手がハンドルを握る第1ドライバーを務め旦那様は、第2ドライバーとしてスタートを見守る!!

    ここで!ご夫婦が日頃から夫婦仲が上手くいっている理由が見えてきた。

    さつき選手はお父様の影響で自動車レースに興味を持って独身時代に熊本から福岡県苅田町にあるForest Racing Clubの門をたたき足しげく通いTOYOTA 86で当時Forest Racing主催のサーキット練習会や走行会へ参加し、それを独身だった境 至選手がお手伝いをしていた。一方、境 至選手は、以前Forest Racingカントク小笠選手とセントラルパーク美祢サーキット時代から草レースのK耐久レース等で数度となくシリーズチャンピオンに輝いた実績もあった。

    そんな2人が同じ趣味で意気投合するには、そんなに時間は掛からなかった・・・筆者の私は、おふたりを間近で見てきた感想ですが、旦那様の至 選手はモータースポーツを前向きに取り組む礼儀正しくて清楚な女子 さつき選手・・・知らない事をちゃんと教えてくれて親身になって考えて的確にアドバイスする至 選手と思いました。

    おふたりが結婚する前に行われたオートポリス300㎞耐久へ境 至選手とカントク小笠選手でペアを組みクラス優勝をしたのが!このスイフト スポーツだった。それを結婚前のさつき選手が献身的にサポートしていた。

    結婚後、練習会や走行会で修業を重ねた、さつき選手はAP86/BRZ Raceヘ2年目から参戦してきた。それを旦那様の境 至選手は、ナンバー付レース車両と言う事もあって整備士の資格を取得してまでサポートしてきたのだ!!このように境ご夫婦は、お互いを尊重し合い大切なパートナーとして幸せに趣味の自動車競技を共に楽しんでいる。

    ↓↓公式予選結果を見ると分かる境 至選手がさつき選手をリカバリーが男前!!www

    本題の2時間耐久レースのはなしに戻そう!TC SS3クラスはスイスポの後方ロードスターと2台のエントリー!予選は夫々のドライバーがマークしたベストタイムをたして人数で割る方式でSS3クラスはスイフトがトップタイム!!

    スタートドライバーは、さつき選手が握る、境 至選手、曰くスタートとゴールが最も緊張と満足感に満ち溢れるから・・・それをさつき選手に味わってもらい耐久レースを楽しんでもらいたい!と紳士で謙虚で優しい思い遣りな至選手!!本当に幸せで微笑ましい夫婦です。

    さつき選手も安定した走りで快走を続け・・・

    ドライバーチェンジもスムーズに行われた様子でした。

    境 至選手のレース戦略がNO給油&タイヤ交換もNO交換・・・!!!!!大丈夫なのかハッピースイフト!?

    決勝前の燃料を満タンにしてタイヤは前回のゴールドカップレースでカントク小笠選手が予選と10周のスプリントで使用したSタイヤの使い古しを譲り受けた物・・・

    至選手はさつき選手の丁寧な運転でタイヤの摩耗が少ないとみていたよう!!

    そんなさつき選手も 旦那様を信じて快走し見事SS3クラストップチェッカーを受けてハッピースイフト愛の力で無事ゴーーーーーール!!

    ↓↓↓無事に耐久レースを終えてみると2位と1Lap離してました!!

    無事にチェッカーを受けたさつき選手もオフィシャルの皆さんへ満面笑顔で御挨拶!!

    表彰式でもご夫婦で一番高い所へ立ちなかなか見れない表彰式でした。

    さつき選手は、今年お亡くなりになったレース好きだった、お父様のお誕生日がこの数日前!!お父様へ良いご報告できると・・・お父様も娘夫婦が好きなレースで活躍している姿を見てお喜びだと思います。

    過去にガズー愛車紹介 でも紹介されました。

    そしてFORCの仲間からも自然と笑顔がこぼれ祝福されました。

    この幸せを運んできたハッピースイフト・・・燃費も良く中古のタイヤで2時間走り切ったハッピースイフトだが今年でレースカテゴリー終了サーキットを走る事が無くなってしまった事が非常に残念で仕方ない!!

    あとがき

    モータースポーツは、前向きで建設的で新しい物を取り入れていくところ、勝ちばかりを求めてきたTCシリーズにもっと新しい車両が参戦していたら・・・と後悔後に立たづ。

    しかし、2022年からナンバー付車両のカテゴリーが増えるのでFORCは、それを楽しみたいと思います。

  • 【新型BRZ】2021 ゴールドカップレース 第5戦は2時間耐久!!

    いきなり新型BRZで2時間耐久ですか??と言われますけど・・・来年はGR86/BRZ Raceも新型で開催される予定(グレードは違います)なので少し先走って・・・ww

    2400CCに排気量UPにともないパワーもトルクもUP!!その分エンジンの熱量もUPを純正の水冷式オイルクーラーで賄えるとわ思えないのでHPIさんの空冷式オイルクーラーを水冷式合体させてみます。

    本来なら水冷式を取っ払っいたいところですが、オイルフィルターの受け皿が無くなるので不格好ですけどとりあえず合体方式で取付けてみます。

    11月21日はオートポリス ゴールドカップ レース シリーズ第5戦 AP86/BRZ クラス3で新型BRZデビューします!!

  • 【新型BRZ】少しカスタムが進みました!!

    ブレーキパットのみアクレさんの換えてオートポリスへ試走に行ってきましたがエンジンが2,4Lに変わりパワーとトルクが上がってノーマルタイヤとサスペンションでは危険だと思いタイヤ&ホイルを注文!!

    足回りも前型86、BRZで好評なクスコ製、試作車高調をお願いして特別にオーダーしました。※【開発中】当店で少し手を加え乗り心地を重視したFOREST スペックへ・・・

    新型BRZはフロントナックルがアルミ製に変わって前型86BRZの車高調はそのままでは装着できません!!

    タイヤ&ホイルと試作車高調を取付け、車高も最低地上高を9㎝のところ少し余裕を持たせて10㎝で4輪アライメントを合わせ前型86BRZのデーターを活かしサーキット走行に適したセッティングに再度セッティングしました。【※注意:4輪アライメント調整とサーキットセッティングは別物ですご注意下さい】

    そしてそのセッティングが正解なのか不正解なのか実際にサーキットへ行って試走してみます。

    その試走動画がコチラ↓↓↓

    まだ色々合わせ作業はありますが、それなりの結果なのではないかと思われます。

  • 新型BRZの慣らしを終えてメンテナンス・・・カスだらけ!!

    先ずは街中&峠道を160㎞くらい走ってエンジンオイル交換しました。この時もエレメントがあってもフラッシングマシンのストレーナーにアルミかすのような異物が見られました。

    新車を導入したら良い状態を維持したいので必ず慣らし運転作業をちゃんとします。

    慣らしを作業を終えると必ず油脂類を交換します。ミッション&デフは、約1000㌔走ってオイル交換しました。

    ミッションのドレンボルトにもマグネット付なので鉄粉がビッシリ付いています。

    デフもイングギヤとピニオンギアの当り付が大事!!

    いくら磁石でと言っても容量があるので付着できない鉄粉はオイルに混ざり浮遊します。

    結果発表!!慣らし&当り付作業は絶対必要!!ww

    #慣らし運転 #粕取り作業

  • 祝・新型BRZ納車!!

    HPの不具合でUPできませんでしたけど当店にもBRZ納車されていました。

    サーキットを楽しく走るために購入したのでデザインとか気にしていませんでしたが・・・親父心を擽る大人なフォルムな気がします。

    フロントバンパーエアーダクトも飾りでなく!後付けカナードが無くてもちゃんと空気の通る穴が開いてダウンホースが効くかも?

    基本的には前型とそんなに変わらない見た目・・・

    しかし!!BRZのフロントナックルがアルミ製に変更されてバネ下重量の軽減に貢献していると思われます。スバルの開発の方達ってホント車が好きなんでしょうね!!ww

    エンジンは2400㏄になって馬力もトルクも上がっているので前型の楽しさの幅を広げた車になっていると思われます。

    シッカリ慣らし運転をしてみます。ではでは~

     

ACCESS MAP

アクセスマップ

PAGE TOP