• スピードパーク恋の浦へ行って汗をかいて来ました。(笑)

    福岡県福津市にある、スピードパーク恋の浦へ行って来ました。ココは、福岡県にある唯一?のジムカーナー、ダートトライアルが楽しめる場所なのです。

    FORESTでは、ジムカーナーコースのサービスロード?を使い周回コースとして数台の車で走る事にしました。

    数台で走り上手な人に引張って貰いラインやブレーキのポイントが目の前で解り勉強になったりします。

    本格的なレーシングコースを走る前に速度域の低いコースだと練習に持って来いですね!!

    昔、走っていた近所の峠を思い出しながら汗をかき楽しめましたよ~☆

    ご覧のとおり、2速ギアのままで走れ、ステアリング、アクセル、ブレーキ操作に集中でき初心者の方も安全に楽しめると思います。

    興味のある方は、是非!FORESTへ

    しかし、お手軽なスピードパーク恋の浦ですが行く道中は、住宅地や通学路も有る為、騒音や交通ルールをまもり、コースでもルールとマナーを守り、トラブルの無い様に心掛けて下さい。

  • 早いもの勝ち!86/BRZ用 18インチタイヤ&ホイル激安セール!!

    新品のタイヤ&ホイルセットを激安で販売致します。

    ホイルは、軽量鍛造ホイル!!もちろん新品です。

    販売当時は、一本5万円以上の鍛造ホイルでしたが・・・

    ホイルの在庫処分セールなので、激安にします。(笑)

    はみ出さない安心サイズ!!

    もりろん!キャンバー角の付いていない純正の足回りでもはみ出しません♬

    245/45-18

    タイヤは、新商品ダンロップ DIREZZA Z Ⅲ!!(新品ですが、少し転がしで使用しました。)

    このセットで1台分、なんと・・・250,000円(税込み)早い者勝ちです。

     

     

     

  • GWは、大分オートポリスサーキットざんまいでした。(笑)

    先ずは、5月3日雑誌レブスピード走行会 レブスピードパーティーへ参加させて頂き巷で話題になっているダンロップnewタイヤ DIREZZA ZⅢTOYOTA GAZOO86/BRZ RaceプロフェッショナルシリーズCUSUCO BS 86でシリーズ参戦中の『ターザン山田』こと山田英二選手に本気ドライブ?でインプレッションして頂きました。

    その模様は、次号の雑誌レブスピードのオマケDVDで見れると思います・・・??

    そのレブスピードパーティーで20分×3セットを山田選手とFOREST@RACING石川選手で走り好感触を掴めました。

    次の4日も朝からオートポリス4輪スポーツ走行枠25分×2セットを石川選手がテスト走行を重ねましたが、現場調整は、厳しいと判断!一旦設備の整ったお店に戻り、サスペンションのセット調整と再メンテナンス!

    メカニックの佐久間店長がメンテナンス&セットアップの準備を行って、石川選手とFORC監督は、ロガーと動画で予習と復習と作戦を・・・(笑)

    5日に再オートポリスへ!!世間ではGW・・・交通安全で移動しました。

    そして3日~5日と6日の4日間で沢山走り込み新品のタイヤだったダンロップ ディレッツアZⅢ・・・

    合計50LAP以上走りこんなお姿に・・・のおかげでマシンのセットアップもイイ感じになりました。

    そして7日、予選&本戦は、プロクラスのBRZと同じピットで色々学べました。

    予選は、35台中24位・・・石川選手・・・いつも微妙な位置からスタートになりますが!!

    レースの醍醐味!それは『抜く』・・・

    例えば・・・スタートダッシュで抜く!コーナーで抜く!直線で抜く!ブレーキで抜く!この抜くテクニックは、ドライバーのスキルとマシンのスキルで可能になりますが、86/BRZRaceのようにワンメイク=イコールコンディションな車で抜くは、コーナー侵入時のブレーキング競争がメインになります。

    仮にコーナーや直線でバシバシ抜けるようだと・・・タイヤの差!馬力の差!に疑問が出ます。(笑)

    スタートからレースの前半3周目で24位から5台抜きの19位までジャンプアップしましたが・・・2ヘアでオーバーラン&スピンで数台追い抜き26位でチェッカーでした。

    今回のレースを終えて、あらためてタイヤの安定感とブレーキの安定感がレースを左右する事が解りました。

    昨年から雑誌広告にも宣伝してました無印本物『tomarina』シリーズは、tomarinaとtomarinaの2種類を用意して131号車は、tomarinaを昨年からレースで使用してます。ちなみにSとRの違いは、ドライとウエットで使い分ける感じです。

    フロントローターは、2セット目で年内このまま持ちそうです。(笑)

    リアローターは!なんと!!新車から交換無で使用して、もう少し使えそうです。

    熱に強くてローター攻撃性も少ないFOREST R tomarina S tomarina R 共にフロント¥32,000 リア¥28,000

    他にインプレッサやランサーエボ等もラインナップしています。

    懐かしい写真!86/BRZ発売当初の5年前から無印本物パーツテストを繰り返してきました。

     

     

     

  • FOREST BRZ SARD Racingターボ仕様のレブパ走行に関するお詫び<(_ _)>

    先日のブログでFOREST BRZ SARD RACINGターボ仕様をレブスピードパーティにて久々走らせる予定でしたが・・・同じGW最終日の5月7日に開催されるオートポリス ゴールドカップレースに併催レースとして、あのGR 86/BRZ Raceが開催されます。

    そのGR 86/BRZ Raceに当クラブFOREST@RACING広島支部長である石川選手がゼッケン131号車『フォレストR SPMマロ BRZ』クラブマンシリーズへエントリーしました。

    エントリー台数が、なんと!36台も・・・!!こりゃー石川選手には、頑張って上位を狙ってもらわないと!!ちなみにプロシリーズは26台もエントリーしています。合計62台の86/BRZが集まるのです。86/BRZユーザーさん!GWは、オートポリスですね~♫

    そんなこんなで、久々BRZターボ仕様で楽しむ予定でしたが、このGW期間FOREST@RACING監督業を真剣に専念する事に致しました。楽しみにして頂いていた方には、大変申し訳御座いませんでした。<(_ _)>

    3日のレブパも131号車の練習&調整で石川選手が走ります。応援宜しくお願い致します。

    お詫びに・・・2015年ハイパーミーティング㏌オートポリス時のD.C.FOREST BRZ ターボ仕様動画を公開致します。<(_ _)>

     

     

     

  • レブスピード パーティーINオートポリスヘ!!

    5月3日GW初日は、雑誌レブスピードの走行会!!

    レブスピード パーティーが開催されるので・・・

    そこで久々のFOREST BRZ ターボ仕様がショップ枠で走ります。

    そのスバルBRZに装着されてるターボキットは、SUPER GTでお馴染!

    GT500 class 2016シリーズチャンピオンSARD RACINGプレミアムターボキットを装着!!

    そのターボキットは、街乗りからサーキットに至るまで、とても使いやすい性質のキットです。

    エンジン本体の方は、手を加えずポン付けタービンなのです。

    タービンキットや他のチューニングパーツが装着されていても、改造申請や構造変更を行えば・・・

    タイヤは、PL保険にも入っている安心の国産タイヤの中でも比較的『お買い求めやすい』

    価格帯のタイヤで、最新のダンロップ ディレッツア ZⅢで、走りを楽しみたいお客様目線で選んでみました。

    時代の流れでフェンダーからツライチでなく、あえて余裕の245/40-18サイズをチョイス!!

    もちろん一般公道も普通に使える仕様なので・・・

    車検書通り4名乗車、軽量も無し・・・ロールバーは、ドライバーの身を守る安全装備!!

    なので、ターボキット+安全装備諸々で重量増しなのです。(汗)

    こんな普通の86/BRZをターボ仕様にしてオートポリス2分10秒を切れたら楽しいですね~☆

     

     

  • サーキット トライアルINオートポリス2017Rd.1

    ご無沙汰しておりました。今月の4月2日に行われたオートポリスGOLD CUP RACE第1戦へFOREST@RACINGクラブは、競技参加、ピットクル、コースオフィシャル総勢20名以上の大所帯で参戦して来ました。

    専属のカメラマンも悪天候で、写真も撮れず・・・(;^_^A

    今回、サーキット初走行のメンバーさんもチラホラいましたが、JAF公式戦は、オフィシャルも全ポストにレスキューも全て待機なので安心して走れました。

    AUTOPOLIS 86/BRZ Race Rd.1は、FOREST@RACING広島支部の石川選手が自身の赤86をあえてB車両規定に仕様変更してclass2に参戦しました。

    B車両って??興味のある方は、ご来店下さい。

     

  • FOREST RACING CLUBも身を守る安全装備OK!!

    4月2日のオートポリスで開催される『サーキットトライアルinオートポリス2017』へ出場するためFORCでモータースポーツのユニホーム!HPIレーシングスーツをCLUBでまとめ買いしました。

    新しく購入した分と合わせると10着以上になったのでCLUBネームを近所のスプリントさんでプリントして頂きました。

    CLUBドライバー紅一点、さつきさんのレーシングスーツ!!

    プリントだけでは、さみしいので・・・

    オートポリスや岡山国際サーキットなどで協賛サポートして頂いている

    今では、日本のみならずアジアのスピードマスターレーシングオイル様もワッペンを提供して頂きました。

    もちろん、FORCのクラブ員は、信頼の高いスピードマスターオイルを使用しています。

     

    非売品のワッペンは、ありがたいです。<(_ _)>

    CLUB員の中から、将来スポンサーが付くと良いですね!

    オートポリス サーキット トライアル

    11.ドライバー装備品
    全てのドライバーは、公式車両検査と共に装備品の検査を受けなければならない。
    ①ヘルメットは国内競技車両規則第4編付則スピード行事競技用ヘルメットに関する指導要
    綱に従ったJIS規格(旧規格C種適合含む)・SNELL規格に適合したもの(オープン
    カーはフルフェイス型)を着用すること。(レーシングマスク(パラグラバス)、推奨)
    ②グローブは耐火製又は皮製で指先まで覆うものを着用すること。(レーシンググローブ、推奨)
    ③服装は耐火製の高い長袖、長ズボンの服装を使用すること(レーシングスーツ、推奨)
    ④運動靴等を使用すること(レーシングシューズ、推奨)

  • 地元工業大学のレーシングファクトリー!?

    学生フォミュラの制作進行具合を見に西日本工業大学の未来公房へ行って来ました。

    未来公房・・・

    私の眼には、レーシングファクトリーとしか見えませんでした。(キラーン)

    天井クレーン完備!これでツーリングカーを吊って逆さまにし床下のスポット溶接・・・

    三次元NCフライス盤

    溶接機も

    技術とノウハウがあれば・・・

    こんな車や

    あんな車や

    あれやこれや・・・

    あ~総監督になって良かった・・・と心の奥底で呟いた日でした。(笑)

    注意※西日本工業大学の『未来公房』は他にも沢山の研究や開発を行っており

    決してレーシングカーだけを制作する場所では、御座いません。<(_ _)>

  • 元F1パイロットも満足したBRZターボ号!!

    現在は、FORESTユーザー様のところで通勤快速号として毎日(往復通勤距離70㎞)をノントラブルで重宝されてるBRZターボ号!!

    あのF1優勝経験もある、ヘイキ・コバライネン選手にオートポリスで乗って頂いた車です。

    定期的にメンテナンスもかかさず大切に乗って頂いてます。

    当店にてターボチューニングを考えている方には、御要望があれば、このBRZターボの試乗も可能です。

    お気軽にお問合せ下さい。TEL093‐434‐0077

     

    車雑誌、三栄書房発行の昨年発売した86&BRZ WORLD2016初版号に掲載されました。

    そして、ヘイキ・コバライネン選手は、平手選手とコンビを組み昨年のスーパーGT500classにおいてSARD RACINGを年間優勝にまで導きました。おめでとうございました。

    ほんとFOREST BRZは、NAもターボも沢山の雑誌に取り上げて頂きました。有難う御座いました。

     

  • 遂に登場!サーキット走行会ユーザーの味方!!

    最近の流行は、86/BRZレースのプロフェショナルクラス競技用レーシングラジアルでサーキットタイムアタックで簡単に2秒~3秒位タイム短縮をしてますが、グリップする分、摩耗も早いので、お財布にはちと厳しいかもです。

    スペシャルなタイムも良いですが長く楽しく走れるタイヤ・・・ダンロップZⅢ!

    やっとの登場で走行会ユーザーは、待ちに待っていたのでは・・・

    ZⅡ☆と比較をしてみます。